クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





2013年3月のアーカイブ

クラカグループ本社屋の屋上に、太陽光発電のパネルが完成しました。

一年中太陽浴びている屋上の遊休スペース、そこを最大限活用するために、今年の2月下旬から工事を進めてきました。

設置されたパネルは 90枚 で、発電容量は1時間あたり 22.5kW です。

太陽光発電社屋

 

エントランスには、発電量を確認できるモニターも設置されました。

これをきっかけにエコ発電に興味を持った社員が、度々モニターを見上げる姿もよく見られます。

 モニター.jpg

一年を通して見ても晴天の日が多い為、「晴れの国」と呼ばれている岡山。

そんな恵まれた環境の中で、自然のエネルギーを十分に活かして、自然と共存する企業を目指します。

 

御来社の際には、太陽光発電のモニターを是非ご覧になって下さい。

 

2/28 南青山会館(東京)で開催された「加工・業務用野菜生産拡大セミナー」(野菜ビジネス協議会主催)に参加しました。

 

加工・業務用野菜を扱う業者にとって、実需者に対しての「安定供給」は常に課題に挙がる事項です。

今回のセミナーでは、安定供給の基本戦略について、岩手大学教授 佐藤氏の講演を聴講し、

加工・業務用野菜の需要の拡大と、それに伴う契約取引のメリット、生産者・実需者とのコミュニケーションの重要性を再確認しました。

 

話題提供として、弊社の青果事業部部長 富本尚作が「加工・業務用野菜産地と実需者との連携強化」について、私たちの実際の取り組み事例を発表しました。

 

生産拡大セミナー.jpg

今回のセミナーで専門家の講演から得た情報を、社内で共有し、契約産地とのよりよいつながりを築いていけるように、今後の営業活動に活かしていこうと感じました。

 

今回の発表に使用した資料はこちら(PDF)