クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





トピックス

【H26.6.2】日本農業新聞で「契約取引のシステムと取組」が紹介されました

平成26年6月2日の日本農業新聞で、弊社カット野菜部の「契約取引のシステムとその取組」について掲載されました。

 

原材料の安定調達に不可欠なのが「契約取引」です。

また、安定価格・安定量での仕入だけではなく、産地側とのコミュニケーションをしっかり取ることで、

・カット加工に適した規格の野菜を、最適な運搬方法で調達できる→歩留まり向上・コスト削減

・産地からお客様の手元までの徹底したトレーサビリティの実現(「顔が見える」化)→安心安全

が可能になります。

 

20140602農業新聞.jpg