クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





2015年12月のアーカイブ

いよいよ2015年も終わろうとしていますが、

皆さんのご家庭や職場ではお正月を迎える準備はできていますか? 

クラカグループではいち早く、本社屋玄関前にお正月用の寄せ植えを飾りました。 

お正月花、しめ縄、門松などは、その年の神様がやってくる時に迷わないように飾りつけをしておくという意味があるそうです。

 

お正月花は一般的に1228日までに飾る事が多いというのをご存知でしょうか?

理由としては、

29日は「二重苦」という縁起の良くない語呂になるので避ける傾向があり、

30日は旧暦の大晦日、31日は一夜飾りになってしまうので、

年神様をお迎えするのに年末に忙しく準備しては失礼ということで、1228日までに飾ることが多いようです。


しかしながら、あまり早くお正月花を飾ってしまうと、

お正月までに傷んでしまったりという事もありますし、

地域によってもお正月花を飾る時期については色々な「いわれ」があると思います。

 

クラカグループでは、花や植物を大切に管理し育てていく気持ちを

社員一人一人が大事にしています。

お正月.JPG 

 

こんにちは。クラカグループ採用担当者です。

2015年(平成27年)11月28日(土)、来年度入社する内定者の学生さんを集めて社内で研修を行いました。

 

クラカグループでは、平成28年度には20名を超える新入社員が入社する予定です。

今回は第一弾として、新社会人になる学生さんの不安を少しでも解消するため、二部構成で研修を実施しました。

 

第一部は外部からお呼びした講師の先生から社会人としての基本を学び、

お昼には当グループが経営するピザ&コーヒーにて、先輩社員と一緒に食事をしながら歓談をしました。

第二部は、先輩社員に本音を聞くという形で進めました。

 

最初は緊張した面持ちで参加していた学生さんも、これから仲間となる同期と懇親ができ、

先輩から仕事の様子を聞けたことで、社会人に向けて少しステップアップ出来たのではないかと感じています。

 

クラカグループはこれからも社員教育にも力を入れていきます。

20151128.JPG

20151128-2.jpg