クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





2016年6月のアーカイブ

クラカグループ 採用担当です。
2016(平成28)年6月27日(月)、
4月から実施している「新入社員スタートアッププログラム」の
第三回目を実施しました。

入社して3ヶ月が経過しようとしていますが、
講師の先生からは、様々な人との関わりの中で、「相手に合わせてもらうのではなく、
自分が相手に合わせにいく姿勢が大切である」というお話がありました。
また、「信用」と「信頼」の違いを明確にし、「信用される人」になるために
どのような姿勢が大切なのかを考え、今すぐに取り組めることだと学びました。
自ら考え、行動することの重要性を再確認することが出来ました。

後半、答えを15分間で出す、というゴールのあるグループワークディスカッションをしました。
3チーム中、ゴールまで辿り着いたのは1チームでした。
振り返りを通して、その場の自分の在り方はどうだったかを考えました。20160627.png

正解が出せたかどうかではなく、
・人の意見を議論に取り入れようとしたか、
・しっかりと自分が持つ情報を伝えようとしたか、
・メンバー全員が情報を共有出来て、みんなで理解して進めていたか、
・一人一人が一生懸命取り組んだか、
こういったことが、ゴール出来たかどうかとは別の、達成感の有無に繋がっていました。

チームワークの大切さは、これまでも研修で学んでいますが、
実際に活かすことの難しさを感じたと同時に、
こうして、仲間と一緒に実践を通して学ぶことの出来る機会を大切にしていきたいと感じます。

こんにちは。
2016(平成28)年6月18日(土)、岡山コンベンションセンターで開催された、
『マイナビ転職セミナー』に出展しました。20160618.png

事前にHPで弊社のことを調べて、ブースを訪れてくださった方もいらっしゃいました。
これまでの様々な経験を聞かせていただき、私共も大変良い機会となりました。
終了時刻間際までお話を聞いていただくことが出来て、大変嬉しく思います。
引き続き、求人の募集を行っております。
今回ブースに訪問いただいた方も、そうでない方も、弊社の求人に興味のある方、
お気軽にお問い合わせください。
求人情報はこちら!→http://kuraka-g.com/post-14.html

今後も、こうした場での繋がり、出会いを大切に、
地域に根差した企業として当グループの魅力を発信していけたらと思います。

 

こんにちは、フルーツギフト担当です。

今年も岡山の桃、ブドウの季節がやってきました!

クラカフレッシュでは夏のフルーツギフトの受付を開始しています。

毎年インターネットでの受付も、手軽で便利!とご好評を頂いています。

大切な人への贈り物に、ご家族の団欒の場に、ぜひ岡山のフルーツをお選びください♪

2016summer.png

2016年(平成28年)6月10日 JAめむろより芽室町百合根生産組合の皆様が来社されました。

JAめむろのホームページはこちら

 

JAめむろからの出荷は8月頃に開始し、倉敷青果でも秋口から12月にかけて入荷します。

百合根はとてもデリケートな野菜のため、作業はすべて手作業で行われます。

お店に出回る大きさになるまでなんと6年間!手間をかけて丹精を込めて育てられるのです。

そんな百合根が消費者の皆様に届くように、私たちは大切に販売していきます。

 

会議の後、倉敷の美観地区を散策されました。

美観地区周辺では今年5月にG7教育大臣会合が開催され、多くの観光客で賑わいました。

 

遠路はるばるお越しくださり、ありがとうございました。

20160610.JPG

こんにちは。
クラカグループでは、新入社員研修だけではなく先輩社員に対する研修も実施しています。
講師の先生を招き、今年の1月、2月と実施してきた受け入れ担当者研修の最終回 第三回目を、2016(平成28)年6月1日(水)に実施しました。
今回は、目指すリーダーの姿を考えていく研修となりました。

前半は、グループワークを交えながら、「リーダーズクレド」の作成を進めていきました。
「クレド」とは、「信条」「志」「約束」を意味するラテン語の言葉です。
クラカグループで、どのようなリーダーでありたいか、
「見た時に原点に戻れる、ポジティブなリーダーズクレド」を目指して、チームで意見交換をしました。

20160601.JPG20160601-2.jpg


最終的に、それぞれのチームでまとめたものを全体で出し合い、クラカグループのリーダーズクレドを決定しました!

20160601-3.jpg

そして後半は、そのリーダーズクレドに向かうための行動を具体的に考えました。
ただ、○○をします!というだけでなく、目的も明確にし、必ず実行できることをまとめました。
この研修が終わってからも、日々指導する立場として、このクレド(信条)を忘れず行動していきたいものです。我々も、フレッシュな新入社員のパワーに劣らない向上心を持ち、信頼の厚いリーダーを目指します。