クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





トピックス

【H29.2.18】社内竣工検査・使用説明会を行ないました。

平成28年8月より建設開始した弊社敷地内の「集出荷貯蔵施設」の
社内竣工検査を2月18日(土)の午後より行いました。

当施設は、県内5団体、11名の生産者と中間事業者・食品製造業者による
『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』の岡山県産野菜の生産利用拡大の目標から
農林水産省の『平成28年度 強い農業づくり交付金』の補助金を受けて
総工費 3億5千万円をかけて、平成29年2月15日完成に向け、建設しておりました。

予定通り2月15日に完成し、本日は社内竣工検査と使用説明会を行ないました。
社員にて貯蔵施設の内部を確認した風景がこちらです。



一つ一つの造りを確認し、無事に検査・説明会を終えることが出来ました。



1月29日の山陽新聞1月19日の日本経済新聞にも掲載された待望の施設です。
(そして、2月20日農経新聞にもクラカアグリの情報と併せて掲載されました!)

岡山県産キャベツを貯蔵し、入荷から出荷まで
完全コールドチェーン(低温流通体系)のセンターが完成した今、
施設を有効利用し、岡山県を産地として勢いづけていきたいと思います!