クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





トピックス

【H29.3.16】岩手県南青果商業協同組合の皆様が視察されました。

2017(平成29)年3月16日(木)の午後、
岩手県南青果商業協同組合より6名の皆様が視察に来社されました。

岩手県南青果商業協同組合は岩手県南青果市場の買参人で構成された組合です。
昨今では仲卸による分荷を必要としない取引のケースも増加しており、
契約形態の多様化により仲卸としての機能の需要は減少傾向にあります。
そんな傾向の中、同じ青果物卸売業界で
次の一手を加えているモデルケースとして、弊社を視察先に選ばれ、来社頂きました。

本日の視察は2F会議室で、弊社の取り組み説明から始まりました。
円になる形でご着席頂き、近い距離で非常に活発な意見交換を行いました。
事前にご質問を送って頂いたことで、当日の議論は大変円滑に進められました。
大きく分けて10問以上に及ぶ具体的なご質問で、
事例から多くを学び取り活かしたいという、強い意思がうかがえました。



市場内・工場内・ピッキング室内も
大変熱心に聞き取って頂きながらの見学となりました。



岩手県南青果商業協同組合の皆様、遠方よりご来社頂きありがとうございました!

今回の視察を通して農業生産振興に役立てて頂くことができれば、喜ばしい限りです。
クラカグループは今後も時代のニーズにあった事業展開で販路を確保し、
安全・安心な青果物を安定供給して参ります。