クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





2017年6月のアーカイブ

2017(平成29)年6月28日(水)、
今年度第2回目となる先輩社員向けのOJT研修を実施しました。
この日は、市場が休みの日でした。
休日にも関わらず、20~30代を中心とした若手社員が30名近く集まってくれました。


仕事のプロ=育成のプロという訳ではありません。
新社会人になった新入社員だけでなく、
新入社員を受け入れる先輩社員も、色々な悩みを抱えています。
「新入社員とどのように接すればいいのか?」、
「褒める、叱るはどのようにすればいいのか?」、
「新入社員は何を考えているのか?」・・・
様々な悩みを、部署を超えて集まった先輩社員が一緒に共有しました。
入社前、昨年11月から研修を担当して下さっている講師の先生だからこそ
伝えられるメッセージ、そして熱意が感じられる研修となりました。
その熱意に応えるように、一生懸命にメモを取り、
課題ついて議論をする姿が見られました。
今回学んだ事を踏まえ、今まで実践したことのない教育・指導方法、
そしてコミュニケーション方法を一つでも取り入れ、
新入社員と共に成長していってくれると思います。

そして、先輩社員研修の翌日、2017(平成29)年6月29日(木)は、
新入社員フォロー研修を行いました。
4月に引き続いて、入社後2回目のフォロー研修です。


入社して約3ヶ月経過し、一人一人の成長が見られる研修となりました。
「先輩と仲良くなれた」、「先輩と同じ仕事が出来るようになった」、
「先輩不在の日でも一人で仕事が出来た」、「任せてもらえる仕事が増えた」など、
嬉しい報告が沢山聞けました。
もちろん、苦しかった経験もありますが、それも立派な成長過程です。
一人一人が非常に前向きに、そして真っ直ぐに成長していく姿を見られ、
入社前から見守ってきた採用担当として、頼もしく感じました。
苦しいことも嬉しいことも、全ての経験が大切なキャリアステップです。

これからも先輩社員と共に、成長していきましょう!Fight!!

平成29(2017)年6月22日(木曜日)発行の食品市場新聞で
経済産業省の「攻めのIT経営中小企業百選」に倉敷青果荷受組合が
選定された経緯や取組が一面に掲載されました。

★クリックで記事拡大します★

こちらの 攻めのIT経営についてのPDF で弊社の取組みは確認して頂けますが、
記事の中でも具体的な内容と理事長冨本の写真・コメントが掲載されております。

クラカグループでは、コストダウンや効率化に偏らず
『攻めのIT』への投資を今後も行い、
システムをよりシンプルに、より積極活用し、
顧客満足度の向上、競争力の向上に繋がるよう尽力して参ります!

毎日暑いですね!
クラカグループのお店 「Diamond Pizza&Coffee」 から
夏にぴったりの美味しいお知らせが届きました♪

8月末迄の期間限定で 冷製パスタ を始めました。


夏野菜と魚介の冷製カッペリーニ    貝柱と明太子の冷製カッペリーニ

◆単品価格 各850円(税込918円)

◆ランチ・ディナーSETでもご注文頂けます。

カッペリーニというのはパスタの中でも非常に細い種類のパスタです。
旨みのあるパスタソースに非常に良く絡み、のどごしが良いのも特徴です。
具材も豪華に、食欲をそそるメニューに仕上がりました。
是非期間中に食べに来てください!


平成29(2017)年6月10日(土)、
クラカアグリのキャベツ圃場(総社市清音三因)にて、
岡山県産野菜生産・利用拡大協議会に加入している
新見市大佐地区の皆様に集まって頂いて
今年度大佐地区でキャベツ生産を拡大するための生産説明会を行いました。



クラカアグリの苗の委託先である高原農芸の高原社長をお招きして、
大佐地区に適する品種の紹介や栽培のポイントについて説明して頂きました。
また、水田を活用した野菜を生産することや排水対策についても協議し、
クラカアグリで育苗を受託し作業支援を行い、
今後とも生産拡大に協力しますというお話をしました。


★実際キャベツを切り、巻き具合や芯の上がり具合をチェックしました★

大変風の強い日でしたが、皆さん真剣に協議に耳を傾け意見を出し合えたので、
品質のよい美味しい岡山県産キャベツが収穫が成されるように
岡山県産野菜生産・利用拡大協議会やクラカアグリを通じて支援したいと思います!



平成29(2017)年6月12日、クラカアグリ圃場での実地農業研修を行いました。

クラカアグリ青ネギ圃場にての研修も今回で三回目。
倉敷青果荷受組合のカット野菜部の新入社員を中心に、農業について学び、
出荷者の立場で考え、収穫のお手伝いにもなるこの研修は社内でも大好評です!

今回は普段事務職を行っている女性社員が数名参加しており、
感想としては「意外と力仕事だった」「束が太くて摘みきれなかった」など、
今までとは少し違う視点とも言える感想もありました。
農業に従事する方々には常識の「刈ったところからまた生える」という知識、
商品として扱うために潰れないよう丁寧に優しく扱うということ、
刈り取る大きさの基準など、頭と体を使っていろいろなことを吸収してもらえました!
皆で積み上げたネギを見て感慨深く感じ、達成感を得たようです。
また翌日からは全く違う業務をしますが、貴重な経験として振り返ることでしょう。

参加者の皆さんお疲れ様でした!
これから暑くなっていきますが工場・圃場・体調の管理にも気を付けて、
クラカグループ一同で安全・安心な野菜を皆さんに提供していきます!

平成29(2017)年6月19日の農経新聞で
2016年度・全国地方卸売市場等青果卸取扱高調査が掲載されました。
記事によりますと、地方市場は2年連続で取扱高が増加しております。

倉敷青果荷受組合は 2015年度 20位 からランクアップし
2016年度 19位 青果物全体取扱高 13,092,904,000円(税込) として、
ランキング表に掲載される形となりました。

↓ クリックしてご覧頂けます。

【出】『地方市場、連続増加』農経新聞・平成29(2017)年6月19日(月)発行・1面

クラカグループでは期首に定めた目標達成に向かって、
グループが一丸となり、日々励んでおります。
その成果がランキングの上でも結果に表れており、大変喜ばしい限りです。

2017年も上半期が終わろうとしております。
常に新しい視野で展開し、来年度も上昇できるよう取り組んでいきたいと思います!

倉敷青果荷受組合 敷地内の 集出荷貯蔵施設 から最新情報・写真です!



現在『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』のメンバーによる
加工・業務用キャベツの出荷が最盛期を迎えております。


★両サイド ずらり と並んだキャベツの鉄製コンテナー★

平成28年度農水省の『強い農業づくり交付金』を活用して、
平成29年2月に完成した集出荷貯蔵施設 で短期保管を行い
カット野菜部で加工・選別・小分け・包装して
実需者の皆様に『定時・定量・定品質・定価格』で
岡山産キャベツの安定供給体制が確立されています。

6月から協議会及びクラカグループの新しい仲間
農業生産法人『クラカアグリ株式会社』の総社市三因農場からも
出荷が始まっています。



★クラカアグリのキャベツを計量中 443.0kg-コンテナ60kg=383.0kg★

クラカアグリのキャベツも只今収穫最盛期。
6月17日までで4.2トン収穫済です!

協議会の本年度の加工・業務用キャベツの生産目標は805.4トンです。
会員の皆さん頑張りましょう。

協議会では『儲かる農業』の実践を目指しています。新しい会員の方も大歓迎!

また、クラカアグリ㈱でも新規就農を目指している方の
研修受入れ、独立を支援します。晴れの国岡山で農業を一緒にやりましょう。
どしどし連絡ください。
担当 牛丸 (圃場にいることが多いので 携帯電話 090-7699-8449 へ)

【H29.6.3】山陽新聞に掲載されました

平成29(2017)年5月31日に倉敷青果荷受組合が選定を発表された
経済産業省の「攻めのIT経営中小企業百選」の結果が
平成29(2017)年6月3日発行の山陽新聞に掲載されました。


記事にはこの度岡山県で選定された社名と選定理由の概要が記載されております。
選定理由の詳細は ★こちらのPDF★ をご覧ください!

「攻めのIT経営中小企業百選」は平成29年で100社を迎えたので募集終了になります。
経済産業省の認定としては、倉敷青果荷受組合は 平成23年、平成26年の2度に渡り
「IT経営実践組織」の認定を受けており、今回3度目の認定でした。

現状維持や効率化を目指すだけの「守り」のIT経営に対し、
内外に向けてのIT革新で顧客満足度を向上し業績アップに繋ぐ「攻め」のIT経営。
この認定に過信せず、次なる選定にも加わることができるように
クラカグループは変化を乗り越え競争力を高める攻めのIT経営への挑戦を続けます!



平成29(2017)年5月31日(水)、
総社市清音三因のクラカアグリ圃場にて 第二回実地研修を行いました。
一週前の5月24日(水)に第一回実地研修を行っており、
前回の手順を踏まえ、大変蒸し暑い中ではありましたが、段取り良く収穫できました!

今回もクラカアグリ牛丸の指導の下、カット野菜部課長 寺田、同課課長 瀬田、
先輩社員でカット野菜部の 滝口・小川も参加し、
中途採用、新卒採用の社員に向けた農業研修となりました。

動画では適格に手際よく手順説明する牛丸の姿と、
一致団結ながらもほのぼのとした収穫風景を映しております!
やはり普段と全く違う業務を通して
「中腰がきつい」「体力を消耗した」「足腰が痛い」との声はあったものの
学生時代や子供のころの稲刈りを思い出したりもしながら
収穫が進むことへの楽しさを肌で実感してもらうことができました。

そしてこのあと、カット野菜部の庫内にて収穫した青葱を持ち帰り、
30ケースに及ぶ収穫物から出荷可能な良品のみを選ぶ選別作業を行いました。
選別には時間がかかり、
「大変だった」「出荷基準がわかり勉強になった」
「仲間とやり遂げたことに達成感を感じた」など、
大変な中にも得られるものがたくさんあったという感想があげられました。


収穫から出荷まで、一連の作業を通して学ぶこの研修は
本やネットの情報を超え、青果卸で働く我々にとって大変有用な知識が身に付きます。
今後も、収穫、研修共にクラカアグリの動向をお届けします!

前回ブログ「【H29.5.31】「攻めのIT経営中小企業百選」に選定されました」
倉敷青果荷受組合が経済産業省の「攻めのIT経営中小企業百選」の
認定を受けたことを公開しております!
今回は発表会の様子について、お届けしていきます。

発表会は2017(平成29)年5月31日 13:30より、東京の霞ヶ関駅に直結した会場、
イイノホールで開催されました!
隣接して、主催の経済産業省など、省庁のビルもたくさんありました。

本年は過去2ヶ年で60社発表済の最終発表であり、40社が百選に選定されました。
岡山県内の企業では3ヶ年で100社中5社が登録されるという好成績を残し、
本年は 株式会社英田エンジニアリング様 と倉敷青果荷受組合の
2社が認定登録されるという結果になっております。
発表会の中で弊社の理事長 冨本も登壇し一礼という場面もありました。



PDFにて、倉敷青果荷受組合の「攻めのIT」の実施内容をご覧ください!

33.倉敷青果荷受組合(PDF資料)

今回、「攻めのIT経営中小企業百選2017」の40社と、
「攻めのIT経営銘柄2017」の31社の計71社の発表となり、
倉敷青果荷受組合の取組みを公開し皆さんに知って頂くと同時に
他社の取組みについて知り、私たちの方でも大変参考になり、
現状に満足せず、まだまだ実現させるべきことがたくさんあると感じました。



そして、認定の証として盾を授与されました。
「IT経営実践組織」、「おかやまIT経営力大賞」の盾と共に
早速、倉敷青果荷受組合の玄関に並べております!



この栄誉ある認定を励みに、
クラカグループは更なるステップアップを続けていきます!


こちらもご覧ください。
経済産業省サイト「攻めのIT経営中小企業百選」

クラカグループのお店 「Diamond Pizza&Coffee」 から
期間限定ピッツァのお知らせです!


2017(平成29)年6月からの期間限定ピッツァは
「照り焼きチキンとたまごのタルタルピッツァ」
またまた、自信を持ってお届けできるピッツァが出来上がりました。



【お店からのメッセージ】
照り焼きソースがたっぷり絡んだチキンたまごたっぷりタルタルソース!!
甘辛い照り焼きチキンとまろやかなタルタルソースの組み合わせは絶品です!!
テイクアウトはもちろん、
ピザランチ、ディナーでもお選び頂けるので、是非一度ご賞味下さい!!

【6月からのテイクアウトメニュー】(クリックして表示)


読んでいてお腹が空いてきた方、「Diamond Pizza&Coffee」へ Go!