クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





トピックス

【H29.8.10】農産物処理加工施設建設工事 起工式を行いました。

農林水産省の『平成29年度 強い農業づくり交付金』の補助金を活用し、
総工費3億8千万円、鉄筋2階建、延床面積1325㎡、年間処理能力1920トン、
平成30(2018)年2月15日完成を目指し、農産物処理加工施設新築工事が始まりました。

平成29(2017)年8月4日、本社屋3Fの入札会場にて最終入札を実施し、
農産物処理加工施設新築工事は『株式会社重藤組』、
農産物処理加工施設新築断熱パネル式冷蔵設備工事は『株式会社クールテック』に
施工を担当して頂くことに決定しました!どうぞよろしくお願い致します。

そして、平成29(2017)年8月10日、倉敷青果荷受組合 カット野菜工場の南側で
工事関係者とクラカグループ管理職、関係者を集め起工式が行われました。

足高神社井上宮司による工事予定の土地を清めて頂く『清祓いの儀』、


工事関係の代表者様、クラカグル―プ代表の吉田が「えい、えい、えい」と
威勢よく掛け声をかけながら行なった『地鎮の儀』、


そして、式典を滞りなく終えた後は、神様にお供えしたお神酒で
無事に怪我や事故が無く竣工しますようにと安全祈願し、皆で乾杯致しました。

乾杯後は倉敷青果荷受組合の理事長 冨本による挨拶があり、
「安全第一」を基本にした工事が始まる上での注意点、
そして、昨年『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』で決めた
加工用キャベツ 985トンの生産・利用計画に加え、
本年はキャベツ・青ネギ・レタス 1,003トン増産を目指しており、
その加工を行う農産物処理加工施設の役割の重要性を皆さんにお話しました。






『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』設立以後、
クラカグループでは岡山県の農業振興のための取り組みを続けております。

クラカアグリ株式会社で生産者への農業支援を行なって生産の地盤を固め、
集出荷貯蔵施設で加工・業務用野菜の低温短期貯蔵を実現し、
新築工事を開始した農産物処理加工施設では、増大する加工・業務用野菜の
カット野菜工場としてカット加工・選別・包装機能の強化を図ります。

生産地から食卓に至る国産野菜サプライチェーンを構築し、
鮮度や美味しさを保証する高品質の岡山県産野菜を広められるよう、
『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』の皆様と協力して歩んでいきます!