クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





トピックス

【H29.8.22】食品市場新聞に掲載されました

平成29年8月22日(火)発行の食品市場新聞に
倉敷青果荷受組合での農産物処理加工施設(カット野菜工場)の新設、
岡山県産の加工・業務用野菜の取扱強化の記事が掲載されました。

クリックして拡大表示できます!

記事の中では
今回の建設の背景には『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』で目指している
平成31年度に向けてのキャベツ・青葱・レタスの約2,000トンの増産計画目標があり、
昨年10月設立のクラカアグリ株式会社でも農産物の生産開始し、
クラカアグリが中心となり岡山県の農業振興につなげることが紹介されています。

現在工事も順調に進み、カット野菜工場の南側は建設現場となっています。
平成30年2月の完成を目指し市場内も整理整頓して、
無事故で竣工するようにクラカグループ一同、一致団結しております。

生産地から食卓に至る国産野菜サプライチェーンを構築し、
岡山県は美味しい野菜を沢山生産する生産地だと知ってもらえるよう
クラカグループは挑戦を続けていきます!