クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





2017年9月のアーカイブ

先日、 9/14発行の日本農業新聞に掲載されたNEWS でもお届けしておりますが、
2017年(平成29年)9月13日(水)、14日(木)、15日(金)の3日間、
東京ビッグサイトで
『アグリ・ビジネス・ジャパン2017』
『農×食』のバリューチェーン展 〜新たな価値の創造〜
という大規模な展示会が開催され、倉敷青果荷受組合から出展してきました!

★案内版や受付の様子


カンファレンス会場でのセミナーでは発表対象業者としても参加してきました。
『加工・業務用野菜産地と実需者との情報交換会セミナー』
という題目で、先進的な取り組みを行っている全国の業者の中で、
6社(3社 生産・加工業者 3社 実需者)の事例発表を行い、
家計消費用流通ではなく、加工・業務用野菜取り組みに対して
知見を深めてもらう目的で開講されたセミナーです。

★倉敷青果荷受組合 発表内容 / 発表の様子

 

クラカグループからは 倉敷青果荷受組合 カット野菜部 課長寺田 が事例発表を行い、

①国産野菜生産利用拡大優良事業者表彰(第2回・第4回)
②国産原材料サプライチェーン構築事業(平成21~23年 国産玉葱取り組み)
③強い農業づくり交付金
 (平成28年岡山県産加工・業務用キャベツ生産利用拡大協議会・集出荷貯蔵施設)
 (平成29年クラカアグリ株式会社設立に伴う農産物処理加工施設建設)

①~③の取組みを中心に、

  ◆生産(仲間を増やし、ビジネスモデルとなる生産現場の構築)
  ◆流通(卸売市場として培った全国産地・市場との青果流通の仕組み)
  ◆加工(ISO22000食品安全マネジメントシステム認証
      少量多品種型カット野菜工場・ホール野菜供給)
  ◆販売(小売、外食、中食、惣菜ベンダー、事業所給食、
      百貨店デパ地下惣菜、食品製造工場)

を一貫して行う事が出来る、中四国エリアで野菜の総合商社的な
立ち位置で取り組みを行っている

という内容で発表して参りました。

また、事例発表後、パネルディスカッション行い、
今後加工・業務用野菜取り組みを行っていく上での重要なポイントや、
苦労した内容、何が必要かなどを来場者交えて協議しました。
かなり活発な意見交換がなされ 今後活動を行うにあたり、
非常に参考になる内容のセミナーとなりました!



来場者数は3日間で76,241人を記録し、展示ブースの方も大盛況で、
名刺交換・情報交換した事が無いような企業とのマッチングも出来ました。
今後、提案する・ご提案頂ける案件も多くつかめたので、
今後のお取引にしっかり繋げて行きたいと思います!

2017年(平成29年)9月12日(火)13:00より、
久留米市近郷出荷者連合会の会長 及び 幹部 の 6名の皆様、
久留米青果株式会社 経営本部 統括執行役員様、
農商工連携アドバイザー 田中美智子 様 、
株式会社 農経新聞社 宮澤社長、の 9名の皆様が視察に来社されました。

今回、株式会社 農経新聞社から久留米市近郷出荷者連合会の皆様に
生産者と連携して事業展開している視察研修先としてクラカグループをお勧め頂き、
当日は 農経新聞社 宮澤社長にもご来社頂くこととなりました。

『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』の生産者と
クラカグループの各事業がどのように関わりあい、
協議会の⽬標である 加⼯・業務⽤キャベツを 2018年度 約1,000トン、
原材料の岡⼭県産キャベツ・⻘ネギ・レタスを 2019年度 約1,000トン、
合計で 約2,000トン の 水田を活用した加工・業務用野菜の増産計画を
どう達成するか、について発表しました。

理事長 冨本 が今一番皆さんに伝えたいテーマと関連する部分であり、
協議会生産者との契約取引、
クラカアグリの生産者支援、
補助金事業を活用しての農産物加工処理施設の新設など、
クラカグループが実際に行なっている取組みを知って頂くことが出来ました!

国産野菜の増産という共通した目標を掲げる皆様との協議でしたので
お互いに熱意を持って意見交換をすることができました。

『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』での取組みの実例が
『久留米市近郷出荷者連合会』の皆様にとっても参考になり
国内農業振興に役立つことを願っております。

ご来社頂きありがとうございました!

▸▸▸ 久留米青果 株式会社 のホームページへJUMP !

2017年(平成29年)9月13日(水)、14日(木)、15日(金)の3日間、
東京ビッグサイトで開催された
『アグリ・ビジネス・ジャパン2017』
『農×食』のバリューチェーン展 〜新たな価値の創造〜
に倉敷青果荷受組合から出展しました!
(展示会の様子は、後日別のブログ記事でお届けします!)

さらに今回は展示会出展企業として、9月14日発行の日本農業新聞に
倉敷青果荷受組合 カット野菜部 のコメントや業績の紹介を掲載されました!

★クリックして拡大表示できます


記事のコメントに掲載されたように、
カット野菜を利用することで人件費削減の効果があり
スーパー・飲食店で広くお取扱い頂いています。
また、少子高齢化や女性の社会進出を背景に食の外部化はますます進み、
カット野菜の利用量も増加傾向にあるので、需要は一層高まっています。

クラカグループでは加工・業務用野菜の需要拡大に備え、
『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』を立ち上げ、
生産者・加工業者と協議の場を設け、岡山県産野菜の増産に取り組んでいます。

【具体的には・・】
★協議会生産者との契約取引開始
★農産物処理加工施設(カット野菜工場)の新設(2018年2月完成予定)
★クラカアグリによる生産者支援(業務委託で畝立・育苗・定植など)

岡山県農業振興への展望をしっかりと見据えて、クラカグループは
加工・業務用野菜の生産・利用拡大の為に躍進していきたいと思います!

食欲の秋、優しい甘さのほっこりとしたスイーツが恋しくなる季節まで目前!
デザートも豊富なクラカグループの「Diamond Pizza&Coffee」では
深まる秋にぴったりの、スイーツ・デザート感覚な新しいピッツァをはじめました!

その名も・・・
「あずきのデザートピッツァ」

焼き立てもちふわ、パンタイプのピッツァ生地に
北海道産小豆100%、糖度32%の甘くて美味しい、そしてヘルシー!な
こだわりのあずきとホイップをトッピングして召し上がってください♪

単 品 価 格★540円(税込)/ セット価格★724円(税込) 《PDFで内容確認》
※パンタイプ限定・店内限定のピッツァです。

「Diamond Pizza&Coffee」はピッツァ、パスタ、デザート、ドリンク、
いつ来てもバリエーション豊かなメニューで皆様をお待ちしています!

2017年(平成29年)9月13日、コンベックス岡山にて開催された
『岡山しんきん合同ビジネス交流会』に出展しました。

この展示商談会は 食・ものづくり・生活関連・デザイン・IT・医療等、
様々な業態の企業が参加できるビッグな商談会で、今回で13回目になるそうです!

倉敷青果荷受組合のブース★カット野菜・クラカのドレッシング展示!


個別商談会で事前に商談が決まっていたところ プラス、
フリー商談会での商談があり、そして展示ブースでの商談の巡り合いもありました。

今回、食品製造以外の事でも多くの企業のお話を聞く機会も多く、
10:00~16:00までの時間内で大変密度の濃い有意義な時間を過ごしました。
この巡り合わせを繋げ、さらにお取引に向けての擦り合わせをしていきます!

『岡山しんきん合同ビジネス交流会』のページは こちら です。

岡山県内外の様々な企業と交流することができるこの展示商談会、
次回開催が決定した際にも、是非出展させて頂きたいと思います。


2017年(平成29年)9月10日(日)発行の山陽新聞に
倉敷青果荷受組合での農産物処理加工施設(カット野菜工場)の新設の記事が
建設現場の様子とコンシューマサラダパックのカラー写真を添えて掲載されました。

クリックして拡大表示できます!

記事の中では新築工事の規模や概要、工場内の設備投資に加えて
高まる加工・業務用野菜のニーズに伴う農産物処理加工施設の重要な位置づけ
そして原材料確保のための取り組みについて紹介されています。

『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』で掲げている目標として
加工・業務用キャベツについては2018年度に向け約1,000トン、
原材料である岡山県産のキャベツ・青ネギ・レタスについては
2019年度に向け約1,000トン、合計で約2,000トンの増産を計画しております。
2018年(平成30年)2月を目標に農産物処理加工施設を完成させ、
協議会の増産計画も実現させた上で、
岡山県産野菜を余すことなく製品に加工できるようになるという計画です!

また、クラカアグリが業務委託によって生産者の栽培を支援することで、
理事長 冨本 のコメントのにある『より質の高いカット野菜』を
原材料の段階から安全・安心で高品質な状態で仕入れることができます。

生産地から食卓に至る国産野菜サプライチェーンを構築し、
岡山県産野菜の増産に貢献できるよう
クラカグループはこれからも新しい挑戦に取り組んでいきます!

2017(平成29)年9月7日(木)、
今年4月に入社した新入社員のフォロー研修を行いました。
入社前、昨年11月の内定者研修からスタートした研修も、
ついに今日で最後となりました。

最終回にふさわしく、ひと回りもふた回りも成長した姿で挑んだこの研修では、
一人一人が同期の仲間からの暖かいメッセージを受け取りました。
一緒に苦楽を共にした仲間だからこそ伝えられる、強み、改善点、
そして同期が考えた本人のキャッチコピー!
ストレートな言葉で伝えられ、心に響いたのではないでしょうか。



そして、研修の締めくくりは、入社以来お世話になっている先輩社員の前で決意表明!
入社1年後のあるべき姿の実現に向けて、
一人一人が取り組む目標や先輩社員への感謝の言葉を伝えます。
新入社員はもちろんですが、聞く側のこちらもドキドキします。



先輩社員の前で緊張した面持ちでしたが、
一人一人が大きな声で一生懸命に発表する姿を目にし、
確実にステップアップしていると感じました。
今後も新たな課題や困難に直面する事もあると思います。
しかし、1年生社員の今日の様子を見て、
これからもお互いに支え合いながら共に階段を昇っていってくれると確信しました。
Never Give Up, Freshmen!!

独立行政法人農畜産業振興機構 が毎月発行している『野菜情報』の8月号に
農地所有適格法人「エーアンドエス」の取引先としてクラカグループが紹介され、
その取組みについても掲載されました。

https://vegetable.alic.go.jp/yasaijoho/senmon/1708/chosa01.html
『野菜情報』8月号( 加工・業務用野菜生産による大規模野菜作経営体の形成と展開 ~岡山県笠岡湾干拓地の実態から~
岡山大学大学院 環境生命科学研究科 大仲 克俊 准教授 著  )

この記事に記載されている『Kグル―プ』=クラカグループ のことで
『4定+1低』の『定時・定量・定質・定価の4定』と『低価』を重視し、
『4定+1低』の実現のためにエーアンドエスとキャベツの契約取引を
5年間という長期に渡り締結していることがモデルケースとして紹介されています。

青果業界は天候や気温に左右され価格が変動しやすく、
いかに『4定+1低』を守り抜くことができるかが常に目の前にある課題です。
この課題に立ち向かうため、クラカグループと生産者と実需者で
『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』を立上げ、
クラカアグリを中心に、現在野菜の作付けや生産者の支援を行っています。
岡山県内の生産者と契約取引を広げ安定供給してもらうためにも、
協議会加入の生産者の需要により、育苗・畝立・定植・収穫 等の支援を行い、
品質の良い野菜の生産量を増加させていくことが大きな目標です。
岡山県産野菜を加工・業務用野菜に使用することで、
記事の中にもあるように物流コストの削減にも繋がっていきます。

まとめとして、国内産の加工・業務用野菜への取組みをメインで行うためには
生産過程や流通過程での総合的な経営管理が必要であるとされております。
倉敷青果荷受組合は生産者と実需者の中間事業者であり
総合的な経営管理に適した立場にあると考えます。
『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』加入の生産者に今後も支援を行い、
岡山県産野菜の増産、県産の加工・業務用野菜の利用拡大を目指して参ります!


『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』では新しい生産者の加入を歓迎します。
岡山県内での新しい産地作りに興味のある方は是非、ご連絡ください!

MAIL:ushimaru@kuraka-g.com (担当:クラカアグリ 牛丸)



朝晩涼しく、まだ9月初旬だというのに急に秋らしくなってきましたね!

クラカグループのお店 「Diamond Pizza&Coffee」 では、
2017(平成29)年9月1日から「きのこフェア」を開催しています。

きのこの美味しい季節に期間限定メニューの4品を是非一度ご賞味下さい!!

ピッツァ★照り焼きソースときのこがよくマッチした和風の味となっています。
パスタ★クリーム系と和風バター醤油の2品でお好みでチョイスして頂けます。
アラカルト★ビールとよく合う1品となっています。

ピッツァ・パスタはランチタイムやディナータイムに
自慢のサラダ、特製ドレッシング、豊富な種類のジュースか挽き立てコーヒーと
組み合わせてお得に召し上がってくださいね!

「Diamond Pizza&Coffee」からの、今秋一番のお知らせでした!