クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





トピックス

【H29.9.10】山陽新聞に掲載されました


2017年(平成29年)9月10日(日)発行の山陽新聞に
倉敷青果荷受組合での農産物処理加工施設(カット野菜工場)の新設の記事が
建設現場の様子とコンシューマサラダパックのカラー写真を添えて掲載されました。

クリックして拡大表示できます!

記事の中では新築工事の規模や概要、工場内の設備投資に加えて
高まる加工・業務用野菜のニーズに伴う農産物処理加工施設の重要な位置づけ
そして原材料確保のための取り組みについて紹介されています。

『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』で掲げている目標として
加工・業務用キャベツについては2018年度に向け約1,000トン、
原材料である岡山県産のキャベツ・青ネギ・レタスについては
2019年度に向け約1,000トン、合計で約2,000トンの増産を計画しております。
2018年(平成30年)2月を目標に農産物処理加工施設を完成させ、
協議会の増産計画も実現させた上で、
岡山県産野菜を余すことなく製品に加工できるようになるという計画です!

また、クラカアグリが業務委託によって生産者の栽培を支援することで、
理事長 冨本 のコメントのにある『より質の高いカット野菜』を
原材料の段階から安全・安心で高品質な状態で仕入れることができます。

生産地から食卓に至る国産野菜サプライチェーンを構築し、
岡山県産野菜の増産に貢献できるよう
クラカグループはこれからも新しい挑戦に取り組んでいきます!