クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





トピックス

【H29.9.12】久留米市近郷出荷者連合会の皆様が来社されました

2017年(平成29年)9月12日(火)13:00より、
久留米市近郷出荷者連合会の会長 及び 幹部 の 6名の皆様、
久留米青果株式会社 経営本部 統括執行役員様、
農商工連携アドバイザー 田中美智子 様 、
株式会社 農経新聞社 宮澤社長、の 9名の皆様が視察に来社されました。

今回、株式会社 農経新聞社から久留米市近郷出荷者連合会の皆様に
生産者と連携して事業展開している視察研修先としてクラカグループをお勧め頂き、
当日は 農経新聞社 宮澤社長にもご来社頂くこととなりました。

『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』の生産者と
クラカグループの各事業がどのように関わりあい、
協議会の⽬標である 加⼯・業務⽤キャベツを 2018年度 約1,000トン、
原材料の岡⼭県産キャベツ・⻘ネギ・レタスを 2019年度 約1,000トン、
合計で 約2,000トン の 水田を活用した加工・業務用野菜の増産計画を
どう達成するか、について発表しました。

理事長 冨本 が今一番皆さんに伝えたいテーマと関連する部分であり、
協議会生産者との契約取引、
クラカアグリの生産者支援、
補助金事業を活用しての農産物加工処理施設の新設など、
クラカグループが実際に行なっている取組みを知って頂くことが出来ました!

国産野菜の増産という共通した目標を掲げる皆様との協議でしたので
お互いに熱意を持って意見交換をすることができました。

『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』での取組みの実例が
『久留米市近郷出荷者連合会』の皆様にとっても参考になり
国内農業振興に役立つことを願っております。

ご来社頂きありがとうございました!

▸▸▸ 久留米青果 株式会社 のホームページへJUMP !