クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





トピックス

【H29.9.15】アグリ・ビジネス・ジャパン2017に出展しました

先日、 9/14発行の日本農業新聞に掲載されたNEWS でもお届けしておりますが、
2017年(平成29年)9月13日(水)、14日(木)、15日(金)の3日間、
東京ビッグサイトで
『アグリ・ビジネス・ジャパン2017』
『農×食』のバリューチェーン展 〜新たな価値の創造〜
という大規模な展示会が開催され、倉敷青果荷受組合から出展してきました!

★案内版や受付の様子


カンファレンス会場でのセミナーでは発表対象業者としても参加してきました。
『加工・業務用野菜産地と実需者との情報交換会セミナー』
という題目で、先進的な取り組みを行っている全国の業者の中で、
6社(3社 生産・加工業者 3社 実需者)の事例発表を行い、
家計消費用流通ではなく、加工・業務用野菜取り組みに対して
知見を深めてもらう目的で開講されたセミナーです。

★倉敷青果荷受組合 発表内容 / 発表の様子

 

クラカグループからは 倉敷青果荷受組合 カット野菜部 課長寺田 が事例発表を行い、

①国産野菜生産利用拡大優良事業者表彰(第2回・第4回)
②国産原材料サプライチェーン構築事業(平成21~23年 国産玉葱取り組み)
③強い農業づくり交付金
 (平成28年岡山県産加工・業務用キャベツ生産利用拡大協議会・集出荷貯蔵施設)
 (平成29年クラカアグリ株式会社設立に伴う農産物処理加工施設建設)

①~③の取組みを中心に、

  ◆生産(仲間を増やし、ビジネスモデルとなる生産現場の構築)
  ◆流通(卸売市場として培った全国産地・市場との青果流通の仕組み)
  ◆加工(ISO22000食品安全マネジメントシステム認証
      少量多品種型カット野菜工場・ホール野菜供給)
  ◆販売(小売、外食、中食、惣菜ベンダー、事業所給食、
      百貨店デパ地下惣菜、食品製造工場)

を一貫して行う事が出来る、中四国エリアで野菜の総合商社的な
立ち位置で取り組みを行っている

という内容で発表して参りました。

また、事例発表後、パネルディスカッション行い、
今後加工・業務用野菜取り組みを行っていく上での重要なポイントや、
苦労した内容、何が必要かなどを来場者交えて協議しました。
かなり活発な意見交換がなされ 今後活動を行うにあたり、
非常に参考になる内容のセミナーとなりました!



来場者数は3日間で76,241人を記録し、展示ブースの方も大盛況で、
名刺交換・情報交換した事が無いような企業とのマッチングも出来ました。
今後、提案する・ご提案頂ける案件も多くつかめたので、
今後のお取引にしっかり繋げて行きたいと思います!