クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





トピックス

【H29.10.16】農産物処理加工施設 新設の最新情報

農林水産省の『平成29年度 強い農業づくり交付金』の補助金を活用し、
現在建設中の農産物処理加工施設の最新情報をお届けします。

2017年(平成29年)10月16日に基礎立上りコンクリート打設を終えました!
工事の記録として動画を撮影しているので一部公開致します。

☆コンクリート打設動画☆


延床面積1325㎡のこの施設は、
『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』の
2019年度 カット野菜原材料の岡⼭県産キャベツ・⻘ネギ・レタス 約1,000トンの
増産計画に対応できるカット野菜工場として、
2018年(平成30年)2月15日に完成を予定しております。

無事故で工期を終え、工場が稼働することを願う中で、
協議会の増産計画を達成するため、クラカアグリが中心的な存在となり、
青ネギ 125トン・レタス 75トン・キャベツ 365トン 計 565トン を自社で生産し、
協議会生産者からの育苗や定植などの業務委託を受け、
協議会全体で野菜の生産量が上がる環境作りの構築を手掛けています。

☆クラカアグリ 新見市大佐地区での生産者支援☆


また、倉敷青果荷受組合 カット野菜部 でも全国規模の展示会に出展し、
岡山県を加工・業務用野菜の産地として広く知ってもらい、
営業活動に繋げ、販路拡大するため意欲的に活動中です!

農産物処理加工施設完成後、新体制で施設・野菜を余すことなく活用し、
生産地から食卓に至る国産野菜サプライチェーンの構築を目指していきます!