クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





トピックス

【H30.2.20】企業の農業参入セミナーで事例発表しました

2018(平成30)年2月20日、
岡山県主催の『企業の農業参入セミナー』で事例発表しました!

メルパルクOKAYAMAの1階広間にて、
倉敷青果荷受組合 理事長 冨本 が 30分間
「水田転作・裏作を利用した加工・業務用野菜の生産と加工」と題して講演しました。



クラカグループでは加工・業務用野菜の需要増大に対応するため、
2015年に『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』を立ち上げました。
2016年10月にグループ自ら農業参入し
農地所有適格法人『クラカアグリ株式会社』を設立し、協議会に加入。
現在は倉敷青果荷受組合と協議会生産者(クラカアグリ含む)とで契約取引を行い、
加工・業務用野菜の安定供給できる体制を構築中です。

今回、セミナーでは農業参入までの経緯だけでなく、経営者の立場から
★農地の確保
★人材の確保
★資金の確保
などの課題とそれに対しての取組みを発表しました。

セミナーのテーマ『~晴れの国・おかやまで農業を始めませんか~』に沿って
ご出席者の皆様に大変関心深く聞いて頂けたことと思います!

取組みについて、詳しくはこちらからどうぞ→「クラカアグリ株式会社 事業概要」