クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





トピックス

【H30.2.20】食品市場新聞に掲載されました

2018(平成30)年2月20日(火)発行の食品市場新聞の一面に掲載されました!
見出しは 倉敷青果荷受組合『岡山県内の調達を強化』で
農産物処理加工施設(新カット野菜工場)の完成について紹介されています。

●クリックして拡大表示します●


クラカグループでは加工・業務用野菜の需要増大に対応するため、
2015年に『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』を立ち上げました。
生産者・加工業者・実需者と協議の場を設け、 岡山県産野菜生産拡大を目指し取り組んでいます。

協議会では2019年度に向けて、カット野菜の原材料に使用する 岡⼭県産キャベツ・⻘ネギ・レタス 約1,000トンの生産拡大を目標にしています。
しかし従来の工場だけでは手狭になってきたため、カット野菜新工場として、
今回紹介された農産物処理加工施設を市場敷地内に建設しました。

工場新設に至った概要を上に紹介しましたが
食品市場新聞には詳細がもっとよくわかる記事で掲載されています。
是非ご覧ください!