クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





トピックス

【H30.6.28】岡山県北部青果生産組合のキャベツ出荷開始

平成30(2018)年6月28日、朝7時から新見市大佐にて、
7名の生産者の応援による共同作業で
岡山県北部青果生産組合の加工用キャベツの収穫を行いました。



倉敷青果荷受組合では、新見市大佐で農業振興の為、
カット野菜の原材料となる玉葱・キャベツ等の契約取引を推進しています。

一昨年、新見市大佐の生産者圃場では播種・定植で失敗し、
キャベツの生産量ゼロという結果に終わってしまいました。
この教訓から、昨年からクラカアグリが生産者支援にはいり、
育苗、畝立て、定植、施肥を施し、キャベツが育ちやすくなる準備をし、
日々の水やりや防除などの管理は生産者で管理する仕組みを整えました。
その結果、初めてできあがったキャベツは大玉で大豊作、
とても品質が良いものが沢山できあがりました!



クラカグループでは今後も産地育成・契約取引を推進し、
岡山県産加工・業務用野菜の生産利用拡大と
水田を利用した野菜産地育成に貢献していきます!