クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





2018年7月のアーカイブ

平成30(2018)年7月28日(土)14:30~、岡山県産野菜の生産者、
中間事業者である倉敷青果荷受組合、加工業者の3者が集まり、
岡山県産野菜生産・利用拡大協議会 総会および検討会を開催しました。

新規加入の4名の生産者様も参加し、積極的な意見交換会が実現出来ました。

【新規加入生産者様】

 河田 英明 様 吉備路グループ
 小野 悟志 様 吉備路グループ
 岡野 泰久 様 吉備路グループ
 松本 和人 様 海斗商事

今回は、(有)髙原農芸 髙原 健 様をお招きし、栽培の要点、
岡山県地域区分別に適したキャベツの品種等、ベテランから若手までの
生産者を交え、実りある勉強会も行うことが出来ました。

特に、昨年10月の長雨、今年1月、2月の冷え込みによる不作について、
原因と対策を話し合い、H30年度、31年度の生産目標達成に向けて、
協議会参加者同士、一致団結出来たと思います。

★岡山県産野菜生産・利用拡大協議会 検討会 会議の様子★

地域の気候、地質にあった品種、水田の排水対策の意見交換と、
非常に有意義な検討会になりました。

また、寒玉系キャベツの端境期である4月に出荷できるよう、栽培地域、
栽培品種を研究している生産者から取組み事例の展開があり、
協議会全体での生産量、生産技術向上に向けた情報共有が出来ました。

★勉強会の様子★


★懇親会の様子★






今後も定時・定量・定価格・定品質、および低価格で安心・安全な野菜を
食卓にお届け出来るように、精一杯取り組んで参ります。

2018(平成30)年7月26日(木)、総社市清音三因地区で、
学生さん向けのクラカアグリ(農業生産部門)の見学会を行いました。
9:00頃からスタートした見学会ですが、ぐんぐんと気温は上昇し、
非常に暑い中での見学会となりました。
学生の皆さん、猛暑のなか、ありがとうございました。
事務所で会社概要や募集職種などの話を聞いたあとは、
スタッフの説明を受けながらいよいよ現場を見学です。

まずは、農機具の見学からです。出来る限り人手を少なくし、
効率的に作業を進めるため色々な器具が準備されています。

続いては、育苗ハウスを見学です。
一見涼しそうに見えますが・・・なんとこの中は40度!!
こんな過酷な状態で作業することもあります。しかし、これが現実です。
ここの育苗ハウスでも、効率的に作業を進められる仕組みを学びました。
いかにスピーディーかつ効率的に作業を進めるかがポイントですね。
酷暑の中、スタッフも汗だくになりながら仕事をしています。

続きまして、青ネギの圃場を見学です。
ここでは、家計消費用野菜と加工・業務用野菜に求められる特性を聞きました。
最後は、20代の若手スタッフを中心に座談会を実施し、
「入社前と入社後で感じたギャップはありますか?」、
「どんな仕事をしているのですか?」、
「今後、どのような取り組みをしたいですか?」など、色々な質問を受けました。

3時間程の見学会となりましたが、参加した学生さんからは、
「実際に作業を見学することができ、働くイメージが持てました」、
「質問がしやすく、話しやすい状況でした」、
「実際に働いている方の話を聞いて、より詳しく知ることができた」など、
嬉しい声をいただきました。

残念ながら、2019(平成31)年入社向けの
農業生産部門の見学会はこれで最後となります。
しかしながら、当社は2020年入社を目指す学生さん向けに
2019(平成31)年2月頃(予定)に
農業生産部門のインターンシップを企画します。ご期待下さい!

平成30(2018)年7月19日・20日の 2日間、大阪で開催された
『日本アクセス 西日本 秋季フードコンベンション2018』に出展しました!



フードコンベンションは、日本アクセスが毎年春季・秋季の2回、
東日本、西日本で開催している業界最大規模の総合展示商談会です。
ご来場者の状況は、西日本のスーパー、ドラッグストアの方々が多く、
当社のブースにも沢山のお客様に立ち寄って頂きました。

リニューアルしたクラカの袋サラダを筆頭に、コンシューマパックサラダや
惣菜コーナー等で活躍している加工・業務用のカット野菜など
クラカグループが自信を持って提供できる製品をPRしました。
特に、バランス良くそのまま食卓に並べられるカップサラダに興味を持ち、
提案のご依頼を頂くことが多かったです。

又、新規に繋がりそうな案件も多数あり、
今後の販路拡大に向けた、良い展示会となりました。

今後も安全・安心なカット野菜を中心に、
お客様のニーズにあったご提案、そして安定供給ができるよう
クラカグループ一同で精一杯取り組んで行きたいと思います!


今年(2018年)から『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』に加入した
『カワタフラワーファーム』でのキャベツの収穫の様子を撮影しました。



総社で『グリーンハンズ園芸店』を営んでいた河田さんは
『カワタフラワーファーム』として苗ものなどを以前から出荷していました。
新たにキャベツを生産し始め、協議会にも加入し、
豊作で大玉の綺麗なキャベツを収穫し、倉敷青果荷受組合に出荷しました!

河田さんには観葉植物やいろいろな鉢植えについても相談に乗ってもらい、
倉敷青果荷受組合の本社屋はいつも色とりどりの草花でいっぱいです。

『カワタフラワーファーム』の次のキャベツの出荷は10月です。
次回もお花屋さんの経験を活かした品質の良いキャベツを期待しています!


「Diamond Pizza&Coffee」から
猛暑を乗り切る冷た~いメニューが登場しました。

2018/7/17(火)~ 夏季限定・ミルクかき氷スタート!

★いちご
★マンゴー
★おいりミルク
★宇治金時
★ミルクティー

パステルカラーの「おいり」のトッピングや
やさしい甘さの「ミルクティー」もあり、色とりどりで個性豊か!
ふわふわの食感とミルク&練乳味の氷をお楽しみ下さい。


2018(平成30)年7月14日、日本経済新聞に「平成30年7月豪雨」災害について
「倉敷青果荷受組合」を含む 各地の生産や流通の回復状況が掲載されました。

↓クリックで拡大


今回の豪雨災害で倉敷青果荷受組合でも
一時的に全国からの物流の 3分の2 近くが止まる影響がありましたが、
7月12日には最後まで残っていた九州方面からの物流が回復し、
現在は通常通り入出荷ができております。

豪雨から一転して、例年にない猛暑が続いております。
大変な暑さの中、厳しい状況となりますが、
被害にあった地域の復旧と復興、人々の心身の回復を願い、
クラカグループ全体で、できる限りの支援を行いたいと思います。


平成30年7月11日、OJT(教育担当者)研修を行いました。



前回の研修 から 2 ヶ月が経ちました。人を育てるという共通の悩み持った仲間が再び集まり、まずは、各グループでお互いの悩みを共有するところからスタートです。
普段は、別々の部署で働いている仲間同士がチームになり、一日、人を育てるというテーマについて学びました。
また、今年の新入社員が今どんなことを考え、感じているのかについても情報を共有しました。
午後からは、コーチングです。



「コーチング」するにはどのような要素が必要なのかを体感します。
目標達成に向け、相手にどう伝えたら良いかを身体で学ぶ。とても分かり易いです!
全2回の教育担当者研修でしたが、一人、一人、何を学んでもらえたでしょうか?
クラカグループは、 今後も「社員教育」、「学び」を大切にします。


「Diamond Pizza&Coffee」から新メニューをご案内します。

この夏、「タピオカドリンク」を始めました。


タピオカはジュースと一緒にもちもちした食感を楽しみながらいただける
デザート感覚の食品です。
見た目が愛らしく女性に大人気ということもあり、
相性の良い味を試行錯誤して、バリエーション豊かにメニューに加えました。
タピオカドリンクのメニューだけで、12種類!
ご友人と違う種類を頼んで並べてもとても可愛いですよ。

テイクアウトもできるので、是非お気軽にお立ち寄りください。

【H30.7.10】大雨の影響について

平成30(2018)年7月4日頃より継続した大雨を受けて
岡山県内の各所、そして倉敷市内でも甚大な被害が出てしまいました。

お取引先、クラカグループの従業員、
関係者の家族、親せき、友人などにも被害にあわれた方々がおります。
被害にあわれた方々には心よりお見舞い申し上げます。

クラカグループの施設においては、幸い被害はなく、
物流面での影響はまだまだございますが、
市場・工場・店舗・圃場などは通常通り稼働しております。

1日でも早く被害にあわれた方々が通常の生活に戻れることを願い、
今私たちにできる復興支援を考え、
岡山を元気にする活動を行っていきたいと思います。