クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





トピックス

【H30.8.23】アグリフードEXPO東京2018 に出展しました

2018(平成30)年8月22・23日、『第13回アグリフードEXPO東京2018』に出展しました!

日本政策金融公庫 主催で、「国産」にこだわり広域に販路拡大を目指す農業者や
食品加工業者とバイヤーをつなぎ、ビジネスマッチングの機会を提供する展示商談会です。

全国各地の稲作、野菜、果樹、畜産などの農業者や食品加工業者、6次化支援技術を提供する事業者など684社が出展しており、大変賑わっておりました。



仕入における工夫、多岐に渡る商材の説明など、幅拾い商談を行わせて頂きました。

また、近年の下記取組みについても説明させて頂き、実りある商談になりました。

・生産者・中間事業者・食品製造業者による『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』設立

・安全・安心・高品質な商品の供給の条件であるコールドチェーンに欠かせない低温管理・調整保管庫である集出荷貯蔵施設を建設

・ISO22000認証取得のカット加工・選別・包装機能を有する農産物処理加工施設を建設

少子高齢化、女性の社会進出等生活スタイルの変化により、食の外部化が進んでおり、中食・外食のお客様に対する加工・業務用野菜の需要が年々拡大しております。

クラカグループでは、お客様のご期待に応えられるよう日々取組みを行っておりますので、今後ともよろしくお願い致します。