クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





トピックス

【H30.11.17】韓国企業の東和青果、Fristの皆様が来社されました

2018(平成30)年11月17日(土)、韓国の青果市場の東和青果(株)様2名、韓国のカット野菜事業者であるFrist社4名の皆様が、業務・加工用野菜の仕入れ、先進加工技術を視察するため、来社されました。

東和青果(株)流通チーム長 KO HANSEOK様は2度目の来社であり、今回は、韓国内でカット野菜工場を運営するFirst社様と共に来社されました。

First社様ですが、韓国においても食の外部化が進み、加工・業務用野菜の需用が高まっている為、2005年にカット工場を設立し、年間25億円の売上高となっています。

代表取締役自らが視察に来られ、視察を行うだけでなく、お互いに問題点、課題の共有行うことが出来、大変有意義な時間となりました!



韓国においても外国人労働者が増えており、衛生面の基本教育、情報、問題点の共有が課題として出ているそうです。

加工・業務用の契約取引の取組みから、カット工場内の製造工程、採用技術などさまざま情報交換を行うことが出来、弊社としても大変勉強になりました。

東和青果様、Frist様、お越し頂き誠にありがとうございました!

倉敷青果荷受組合では、国内だけでなく海外企業様からの視察も行っています。

視察の希望がある方はお気軽にお問合せください。