クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





トピックス

【H30.11.18】岡山県新見市大佐町から大玉で品質の良い秋作キャベツが出荷

岡山県産野菜生産・利用拡大協議会の会員である岡山北部青果生産組合から、 大玉で品質の良い秋作キャベツの出荷がありました!

岡山県新見市大佐町に圃場があり、弊社のグループ企業であるクラカアグリが、 圃場準備から出荷までの支援活動を行っていた組合になります。

昨年は生産者3名、生産面積35aの規模でしたが、今年は生産者10名、 生産面積を約130aに拡大させました。

10月下旬より出荷がスタートし、11月中旬までで約51tの出荷となっています。

今年は9月の天候が悪く管理が難しかった中での出荷となりましたが、協議会内の定期的な勉強会、 情報交換、共有による生産技術の向上もあり、品質の高いキャベツの出荷が出来ました。

岡山北部青果生産組合の生産者皆様の努力の成果だと感じております。

クラカアグリでは、地域の遊休農地の活用、支援を行っております。今後も産地の拡大に協力して行きたいと考えておりますのでよろしくお願い致します。