クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





トピックス

月別 アーカイブ

【H31.3.6】alic(エーリック)3月号に掲載されました!

2019年(平成31)3月6日、独立行政法人農畜産業振興機構が発行する情報誌『alic(エーリック)3月号(第42号)』に倉敷青果荷受組合の理事長 冨本のトップインタビューが掲載されました。
インタビューの内容は『ITを活用した効率的な加工・業務用国産野菜の提供』についてです。

《掲載記事のキーワード》
・加工・業務用野菜の需要拡大に伴い、カット野菜部を設立
・青果卸業界では日本初のISO2200食品安全マネジメントシステム認証を取得
・クラカアグリを設立し、カット野菜向けの露地野菜の生産を開始
・クラカアグリにてクラウド型の営農支援ツールを導入
・カット野菜の受注体制を整える、受注管理システムを導入
・作業の効率化とリードタイム短縮に向けたピッキングシステムの導入
・攻めのIT経営中小企業百選にも選ばれ、今後はAI(人口知能)を活用した需要予測にも取り組み、スマート農業を目指す



alicインタビューページはこちら



農畜産業振興機構(alic)は加工・業務用野菜の国産原材料のシェア拡大に向けても活動しており、農林水産省の後援を受けて『第31回国産野菜の契約取引マッチング・フェア』を東京で開催しました。
当社のカット野菜部も参加し、全国の国産農産物を生産する生産者・生産団体の方々にプレゼンテーションを行い、「定時、定量、定品質、定価格」で国産の加工・業務用野菜を供給できる体制に取り組んでいます。

国産野菜の契約取引マッチングフェアin東京の記事はこちら