クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





2019年6月のアーカイブ

月別 アーカイブ

2019(令和元)年6月13日(木)倉敷市立美術館で開催された、中国四国地域野菜調査研究会に講師として専務 冨本が招かれました。

この会は中国地域野菜技術研究会の主催の元、『水田利用野菜及び加工・業務用野菜の生産振興に関する取組』をテーマに、総勢71名の方々が情報交換を行いました。

【参加メンバー】
中国四国農政局生産部生産技術環境課
中国四国農政局生産部園芸特産課
(以下、島根県)
西部農林振興センター浜田農業普及部
農業技術センター技術普及部
(以下、鳥取県)
東部農林事務所鳥取農業改良普及所
西部総合事務所西部農業改良普及所
西部総合事務所大山普及支所
農業振興戦略監とっとり農業戦略課
(以下、広島県)
西部農業技術指導所
東部農業技術指導所
北部農業技術指導所
(以下、山口県)
岩国農林水産事務所農業部
山口農林水産事務所農業部
美祢農林水産事務所農業部
萩農林水産事務所農業部
農林総合技術センター農業担い手支援部
(以下、徳島県)
高度技術支援課
徳島農業支援センター
(以下、愛媛県)
東予地方局産業振興課地域農業育成室
農産園芸課
(以下、岡山県)
農林水産総合センター普及連携部
備前広域農業普及指導センター
備南広域農業普及指導センター
井笠農業普及指導センター
備北広域農業普及指導センター
新見農業普及指導センター
美作広域農業普及指導センター
真庭農業普及指導センター
勝英農業普及指導センター
県庁農産課
農業研究所農研 野菜・花
農業研究所高冷地研究室
農林水産総合センター普及推進課
倉敷青果荷受組合
クラカアグリ株式会社




講演では、野菜の需要が減少している中、加工・業務用野菜の需要は益々増加傾向にあることや、安全・安心な加工・業務用国産野菜の安定供給に向け、契約農家のしっかりとした基盤が必要なこと、契約農家のモデルとしてクラカグループの農業生産部門であるクラカアグリを設立し、自ら加工・業務用野菜の栽培を行うと共に、地域農業をサポートし、活性化に貢献していることを紹介しました。
また、加工・業務用野菜の栽培は、ホール野菜と比べて低価格で取引され、収入が少ないイメージがあるが、出荷調整作業などの手間が軽減され、相場に左右されないので、結果的に儲かる農業につながると説明しました。





2日目は、実際に倉敷青果荷受組合へ足を運んでいただき、安定供給に向け端境期にキャベツを貯蔵できる集出荷貯蔵施設や、西日本最大級となるカット野菜工場を見学していただきました。



クラカグループの本社屋では、カット野菜工場内を紹介したムービーをご覧いただき、安全・安心な加工・業務用野菜がどのように作られていくかを学んでいただきました。



みなさん真剣な面持ちで説明を聞いていただき、加工後の残渣はどのように処理しているのか?や、傷んだ野菜が紛れ込んでいる事は無いのか?など、率直な質問をいただきました。
もちろんクレームも0ではなく、残渣も牛や豚の餌や肥料にするしか今はありませんが、問題を集約し、常に改善していく努力は怠りません。

まだまだ契約農家が少なく、加工・業務用野菜に外国産野菜を使用せざる負えない時期もありますが、今回紹介させていただいた内容を持ち帰っていただき、儲かる農業に向け、農家の技術支援に役立てていただけたらと思います。

2019(令和元)年6月13日(木)、新入社員フォロー研修を行いました。
こうやって新入社員全員が集まるのは2カ月半ぶりとなります。

午前中は入社から今までの振り返りを行い、それぞれの近況を共有しました。
入社してから「楽しかったこと」、「嬉しかったこと」では、職場の人達と仲良くなれた、褒められた、仕事を一人で行えるようになった、などが挙げられました。
一方で、入社してから「苦しかったこと」、「悩んだこと」では、作業・仕事のスピードがなかなか上げられない、電話対応で苦労する、周囲に迷惑をかけた、などが挙げられました。
他にも、失敗することでより深く知ることを学んだ、物流の仕組みを理解した、などの意見もありました。
入社して3ヵ月目にも関わらず、色々な経験を通して一回り成長した新入社員の姿を見ることが出来ました。と同時に、自分に対して厳しい姿勢で、意欲・向上心を持って日々の業務に当たっていることが伺えました。



午後は、仕事を進めるうえで直面する問題をどのように解決すれば良いかを学びました。
個人で考えるだけでなく、グループで話し合う時間を大切にするのもクラカの研修の特徴です。仲間同士で意見を共有します。
自分の問題・課題の「真因」を主体的に分析する、仕事に慣れてきたときに気を付けること、前に進んでいけるような考え方の癖をつけることなどを教わりました。



今日は一日職場から離れ、新入社員12名が明るい表情で前向きな姿勢で研修に参加してくれました。
また、今日学んだことを明日の仕事から一つでも取り入れてくれることを願います。
これからも、楽しい・嬉しい経験だけでなく、悩み・苦しみを分かち合いながら同期と共にステップアップしていってもらいたいです。

Never give up and keep going!!

【R1.5.30】山陽新聞に掲載されました

2019(令和元)年5月30日発行の山陽新聞にクラカアグリの記事が掲載されました。

カラーで掲載されているので、クリックして記事をご覧ください!



クラカアグリでは、現在、倉敷市(矢部・真備)、総社市、矢掛町の約120か所、12haの農地を管理しています。
2017年2月に総社市清音三因の1haの農地から耕作を始め、それから2年の間に請け負う農地を増やしてきました。人員は新卒社員の入社やベトナム人技能実習生の受け入れで、現在12名体制となっています。
初期の段階からスマート農業についての構想があり、「アグリノート」というクラウド農業支援サービスを活用していましたが、農地や人員が増え、ますますアプリでの農地管理が便利に活用できるようになりました!これからもどんどん活用し、農地管理の効率化、省力化につなげていきたいと思います。

クラカアグリではこれから野菜の生産を始めたい生産者のサポートもしています。水田や遊休農地を活用した加工・業務用のキャベツの栽培で所得の安定につながるように、倉敷青果荷受組合と契約取引することができます。 チラシを読んで興味・関心がわいた方は、是非ご連絡ください。

☆チラシ☆