クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





紹介されましたに関する記事

2017年(平成29年)10月26日、岡山県内の農場と岡山コンベンションセンターで
『食材発掘!産地視察・交流会 in 岡山』 の 視察会・展示交流会 が開催され、
倉敷青果荷受組合のカット野菜部から、仕入担当として 課長補佐 河合、
出展者として、課長 寺田、藤原、黒川 が 参加して来ました!

この企画は、関西圏の中食・外食関係の仕入担当者の皆様に、
岡山産の農畜産物をPRし、仕入先として検討してもらう視察・交流会でした。

クラカコーポ―レーション株式会社として交流会展示ブースに出展し、
岡山県産野菜を使用した製品を製造販売する立場からPRするとともに、
倉敷青果荷受組合でカット野菜の原材料の仕入れや青果物卸の仕入れを行うことから
出展者と真逆に仕入担当者の立場でも、視察から河合が参加させて頂きました。
このようなちょっと稀なケースで、
クラカグループとしては両サイドからの商談や交流ができました!

★視察参加の河合は写真左端・山陽新聞に掲載されました(クリックで拡大)★

山陽新聞では岡山フルーツ農園の写真とともに視察の様子が掲載されていました。
岸本牧場視察 ⇒ 三蔵農林視察 ⇒ 岡山フルーツ農園視察
 ⇒ 岡山コンベンションセンター展示交流会 のスケジュールでした!

★交流会展示ブースの様子・視察を終えての15:00~★

食材にこだわりを持った中食・外食関係の仕入れ担当者の方々と
大変有意義な商談の場となりました!

クラカグループは 青果物卸売業(倉敷青果荷受組合)をはじめとして、
野菜の生産(クラカアグリ)・仲卸(クラカフレッシュ)・カット野菜の製造販売、
食品卸(クラカコーポレーション)、外食(ピザ&コーヒー)等、
青果物や食に関する事業を多岐に渡って展開しています。
今後もグループの各事業をPRする展示会があれば、
いろいろな方面から参加・出展し、交流の場を増やしたいと思います!

【H29.9.25】農経新聞に掲載されました

2017年(平成29年)9月25日(火)発行の農経新聞に
倉敷青果荷受組合の『カット野菜工場建設』の記事が掲載されました!

★クリックして拡大してご覧になれます


記事の見出しのカット野菜工場は『農産物処理加工施設』として
農林水産省の『平成29年度 強い農業づくり交付金』の補助金を活用し、
総工費3億8千万円、鉄筋2階建、延床面積1325㎡、年間処理能力1920トン、
2018年(平成30年)2月15日完成を目指し、現在建設中です。

その背景として、『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』の設立があり、
協議会で目標として掲げた
2018年度までの加工用キャベツ 985トンの生産・利用計画に加え、
2019年度までのキャベツ・青ネギ・レタス 1,003トン増産計画があり、
その処理・加工を行うための施設を新設する必要が出てきたということです。

協議会生産者の一員として
農業生産法人『クラカアグリ株式会社』も加入しておりますが、
クラカアグリは現在生産者としての栽培だけでなく、
協議会内の生産者への育苗・畝立・定植・集荷の生産者支援にも乗り出しています。

栽培する上でのリスクを業務委託を受けることにより軽減し、
協議会全体で需要の高い加工・業務用の岡山県産野菜を増産すること、
そして、水田転作や耕作放棄地を活用した加工用国産野菜生産のモデル農場として
全国的にも事例を展開できるようクラカアグリは進化を続けていきます。
クラカグループとしても、生産地から食卓に至る国産野菜サプライチェーンの
構築を目指して、共に歩んでいきたいと思います。

2017年(平成29年)9月13日(水)、14日(木)、15日(金)の3日間、
東京ビッグサイトで開催された
『アグリ・ビジネス・ジャパン2017』
『農×食』のバリューチェーン展 〜新たな価値の創造〜
に倉敷青果荷受組合から出展しました!
(展示会の様子は、後日別のブログ記事でお届けします!)

さらに今回は展示会出展企業として、9月14日発行の日本農業新聞に
倉敷青果荷受組合 カット野菜部 のコメントや業績の紹介を掲載されました!

★クリックして拡大表示できます


記事のコメントに掲載されたように、
カット野菜を利用することで人件費削減の効果があり
スーパー・飲食店で広くお取扱い頂いています。
また、少子高齢化や女性の社会進出を背景に食の外部化はますます進み、
カット野菜の利用量も増加傾向にあるので、需要は一層高まっています。

クラカグループでは加工・業務用野菜の需要拡大に備え、
『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』を立ち上げ、
生産者・加工業者と協議の場を設け、岡山県産野菜の増産に取り組んでいます。

【具体的には・・】
★協議会生産者との契約取引開始
★農産物処理加工施設(カット野菜工場)の新設(2018年2月完成予定)
★クラカアグリによる生産者支援(業務委託で畝立・育苗・定植など)

岡山県農業振興への展望をしっかりと見据えて、クラカグループは
加工・業務用野菜の生産・利用拡大の為に躍進していきたいと思います!


2017年(平成29年)9月10日(日)発行の山陽新聞に
倉敷青果荷受組合での農産物処理加工施設(カット野菜工場)の新設の記事が
建設現場の様子とコンシューマサラダパックのカラー写真を添えて掲載されました。

クリックして拡大表示できます!

記事の中では新築工事の規模や概要、工場内の設備投資に加えて
高まる加工・業務用野菜のニーズに伴う農産物処理加工施設の重要な位置づけ
そして原材料確保のための取り組みについて紹介されています。

『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』で掲げている目標として
加工・業務用キャベツについては2018年度に向け約1,000トン、
原材料である岡山県産のキャベツ・青ネギ・レタスについては
2019年度に向け約1,000トン、合計で約2,000トンの増産を計画しております。
2018年(平成30年)2月を目標に農産物処理加工施設を完成させ、
協議会の増産計画も実現させた上で、
岡山県産野菜を余すことなく製品に加工できるようになるという計画です!

また、クラカアグリが業務委託によって生産者の栽培を支援することで、
理事長 冨本 のコメントのにある『より質の高いカット野菜』を
原材料の段階から安全・安心で高品質な状態で仕入れることができます。

生産地から食卓に至る国産野菜サプライチェーンを構築し、
岡山県産野菜の増産に貢献できるよう
クラカグループはこれからも新しい挑戦に取り組んでいきます!

独立行政法人農畜産業振興機構 が毎月発行している『野菜情報』の8月号に
農地所有適格法人「エーアンドエス」の取引先としてクラカグループが紹介され、
その取組みについても掲載されました。

https://vegetable.alic.go.jp/yasaijoho/senmon/1708/chosa01.html
『野菜情報』8月号( 加工・業務用野菜生産による大規模野菜作経営体の形成と展開 ~岡山県笠岡湾干拓地の実態から~
岡山大学大学院 環境生命科学研究科 大仲 克俊 准教授 著  )

この記事に記載されている『Kグル―プ』=クラカグループ のことで
『4定+1低』の『定時・定量・定質・定価の4定』と『低価』を重視し、
『4定+1低』の実現のためにエーアンドエスとキャベツの契約取引を
5年間という長期に渡り締結していることがモデルケースとして紹介されています。

青果業界は天候や気温に左右され価格が変動しやすく、
いかに『4定+1低』を守り抜くことができるかが常に目の前にある課題です。
この課題に立ち向かうため、クラカグループと生産者と実需者で
『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』を立上げ、
クラカアグリを中心に、現在野菜の作付けや生産者の支援を行っています。
岡山県内の生産者と契約取引を広げ安定供給してもらうためにも、
協議会加入の生産者の需要により、育苗・畝立・定植・収穫 等の支援を行い、
品質の良い野菜の生産量を増加させていくことが大きな目標です。
岡山県産野菜を加工・業務用野菜に使用することで、
記事の中にもあるように物流コストの削減にも繋がっていきます。

まとめとして、国内産の加工・業務用野菜への取組みをメインで行うためには
生産過程や流通過程での総合的な経営管理が必要であるとされております。
倉敷青果荷受組合は生産者と実需者の中間事業者であり
総合的な経営管理に適した立場にあると考えます。
『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』加入の生産者に今後も支援を行い、
岡山県産野菜の増産、県産の加工・業務用野菜の利用拡大を目指して参ります!


『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』では新しい生産者の加入を歓迎します。
岡山県内での新しい産地作りに興味のある方は是非、ご連絡ください!

MAIL:ushimaru@kuraka-g.com (担当:クラカアグリ 牛丸)



平成29年8月22日(火)発行の食品市場新聞に
倉敷青果荷受組合での農産物処理加工施設(カット野菜工場)の新設、
岡山県産の加工・業務用野菜の取扱強化の記事が掲載されました。

クリックして拡大表示できます!

記事の中では
今回の建設の背景には『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』で目指している
平成31年度に向けてのキャベツ・青葱・レタスの約2,000トンの増産計画目標があり、
昨年10月設立のクラカアグリ株式会社でも農産物の生産開始し、
クラカアグリが中心となり岡山県の農業振興につなげることが紹介されています。

現在工事も順調に進み、カット野菜工場の南側は建設現場となっています。
平成30年2月の完成を目指し市場内も整理整頓して、
無事故で竣工するようにクラカグループ一同、一致団結しております。

生産地から食卓に至る国産野菜サプライチェーンを構築し、
岡山県は美味しい野菜を沢山生産する生産地だと知ってもらえるよう
クラカグループは挑戦を続けていきます!

2017(平成29)年6月29日(木曜日)発行の日本農業新聞に、
2016年10月に設立した農地所有適格法人クラカアグリ株式会社の取組み、
そして倉敷青果荷受組合カット野菜部の取組みが掲載されました。

★クリックで拡大して表示します★

記事では、青果卸の倉敷青果荷受組合が
グループ会社としてクラカアグリ株式会社を立ち上げ、
農業に参入し、加工・業務用野菜生産の経営モデルを生産者に示す、といった内容を
カット野菜部の課長 寺田、農場責任者の牛丸のコメントと共に掲載されております。

クラカアグリから倉敷青果荷受組合へ加工・業務用野菜の供給をするだけでなく、
岡山県産野菜の生産と利用の拡大・近郷産地の育成が
クラカグループが農業参入に乗り出した大きなきっかけ、目標であります。
また近郷産地の野菜を使用することで、自社カット野菜製品の付加価値を上げ、
消費者に安全・安心な製品を提供することが出来ます。

先日、圃場にて新見市大佐地区の皆様へのキャベツ生産説明会を実施しました。
今後も生産者の皆さんと十分な協議ができるよう、
クラカアグリ自らが品質の良い野菜を生産し、モデル農場となり、支援を行いながら
岡山県が加工・業務用野菜の大規模産地となるように取組み続けていきます!

平成29(2017)年6月22日(木曜日)発行の食品市場新聞で
経済産業省の「攻めのIT経営中小企業百選」に倉敷青果荷受組合が
選定された経緯や取組が一面に掲載されました。

★クリックで記事拡大します★

こちらの 攻めのIT経営についてのPDF で弊社の取組みは確認して頂けますが、
記事の中でも具体的な内容と理事長冨本の写真・コメントが掲載されております。

クラカグループでは、コストダウンや効率化に偏らず
『攻めのIT』への投資を今後も行い、
システムをよりシンプルに、より積極活用し、
顧客満足度の向上、競争力の向上に繋がるよう尽力して参ります!

平成29(2017)年6月19日の農経新聞で
2016年度・全国地方卸売市場等青果卸取扱高調査が掲載されました。
記事によりますと、地方市場は2年連続で取扱高が増加しております。

倉敷青果荷受組合は 2015年度 20位 からランクアップし
2016年度 19位 青果物全体取扱高 13,092,904,000円(税込) として、
ランキング表に掲載される形となりました。

↓ クリックしてご覧頂けます。

【出】『地方市場、連続増加』農経新聞・平成29(2017)年6月19日(月)発行・1面

クラカグループでは期首に定めた目標達成に向かって、
グループが一丸となり、日々励んでおります。
その成果がランキングの上でも結果に表れており、大変喜ばしい限りです。

2017年も上半期が終わろうとしております。
常に新しい視野で展開し、来年度も上昇できるよう取り組んでいきたいと思います!

【H29.6.3】山陽新聞に掲載されました

平成29(2017)年5月31日に倉敷青果荷受組合が選定を発表された
経済産業省の「攻めのIT経営中小企業百選」の結果が
平成29(2017)年6月3日発行の山陽新聞に掲載されました。


記事にはこの度岡山県で選定された社名と選定理由の概要が記載されております。
選定理由の詳細は ★こちらのPDF★ をご覧ください!

「攻めのIT経営中小企業百選」は平成29年で100社を迎えたので募集終了になります。
経済産業省の認定としては、倉敷青果荷受組合は 平成23年、平成26年の2度に渡り
「IT経営実践組織」の認定を受けており、今回3度目の認定でした。

現状維持や効率化を目指すだけの「守り」のIT経営に対し、
内外に向けてのIT革新で顧客満足度を向上し業績アップに繋ぐ「攻め」のIT経営。
この認定に過信せず、次なる選定にも加わることができるように
クラカグループは変化を乗り越え競争力を高める攻めのIT経営への挑戦を続けます!