クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





カット野菜部に関する記事

月別 アーカイブ

2019(令和元)年7月18日、19日の2日間で日本アクセス展示会『秋季フードコンベンション2019 西日本会場』に倉敷青果荷受組合が出展しました!



会場のインテックス大阪は日本最大級の国際展示場です。出展企業は約550社で、倉敷青果からは2日間で計6名のカット野菜部の営業担当が参加しました。今回初参加の新人営業もおり、会場の規模・雰囲気に圧倒されていました。



出展ブースは多くの企業が試食を出し、会場全体が活気に溢れていました。倉敷青果の展示ブースにも新規・既存の多くのお客様に足を運んでいただきました!

社外での営業経験をこれから積んでいく新人営業は「各企業の方々と様々なお話ができ、とても新鮮で刺激的な経験になりました。展示物の設置方法・見せ方やお客様との円滑なコミュニケーションの取り方、他企業の新商品情報など多くのことを学び勉強になりました。今回得た知識・経験は、次回の展示会や今後の商談の場で活かします。」と感想を述べています!今後の成長が非常に楽しみです。




今回参加の6名の営業担当がそれぞれ持ち味を発揮し、全力で商談してきました。今後の取引に繋げられるように、しっかりと営業活動をしていきたいと思います。

【R1.7.25】山陽新聞に掲載されました

2019(令和元)年7月25日発行の山陽新聞に掲載されました。

倉敷青果荷受組合では自らが事務局となり、岡山県産野菜生産・利用拡大協議会を設立し、加工用キャベツの利用・生産拡大に向けて、協議会加入の生産者を集め勉強会を開催しております。またクラカアグリによる栽培技術指導等の農業支援を行い、契約取引を募り、安定供給への体制を整えています。新聞記事ではこうした取り組みがクローズアップされ掲載されています。クリックして記事詳細をご覧ください!



少子高齢化・女性の社会進出を背景に需要が増大したカット野菜は、これからも野菜の需要の中で大きな割合を占めてくると予想されます。こうした時代背景や変化に素早く対応し、安全・安心な食材を皆様にお届けできるよう、また生産者においても計画的に栽培し安定した収入が得られるよう、新しい取り組みにチャレンジし、農業を支える仕組み作りしていきます!

まだまだ作付面積を増やし加工用キャベツの増産ができるよう、現在も協議会メンバーを募集しています。岡山県内で共に勉強し農業をやっていきたいという方、チラシの連絡先までご連絡ください。

●クリックしてチラシを表示●


【R1.6.20】山陽新聞に掲載されました

2019(令和元)年6月20日の山陽新聞に、倉敷青果荷受組合のカット野菜のシステム導入とAIによる需要予測への取り組みが掲載されました。

☆クリックで拡大表示します☆


クラカグループではIT導入を積極的に進め、2017(平成29)年、倉敷青果荷受組合が経済産業省「攻めのIT経営中小企業百選」の100社にも選定されました。この名誉ある認定を頂いたカット野菜のシステムについて、システム導入当時の時代背景も絡めて山陽新聞の記事内で紹介されています。IT化も常に進化させ、現在では日本気象協会などとデータを共有し、共同でAIによる需要予測の実験を行っています。需要予測から生産予測、農業全体のレベルアップにも繋げられるような貢献ができないかと、実験的な新規取り組みにも力を入れています。

クラカグループの今後の進化にご期待ください!


2019(令和元)年6月末、今年も『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』メンバーによる 加工・業務用キャベツの出荷が最盛期を迎えました。


主にクラカアグリ、新見市大佐の出荷者から出荷されたキャベツは、 集出荷貯蔵施設で品質を保持した状態で短期保管され、 カット工場で加工・選別・小分け・包装し、実需者の皆様へ供給されていきます。

最盛期を迎えた貯蔵庫内は一面キャベツの壁ができ、圧巻です。


これからも実需者の皆様に『定時・定量・定品質・定価格』で 岡山産の加工・業務用キャベツの安定供給ができるよう、 『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』をもっともっと盛り上げ、 クラカグループで支援し、産地育成に貢献していきます!


2019(令和元)年6月13日(木)倉敷市立美術館で開催された、中国四国地域野菜調査研究会に講師として専務 冨本が招かれました。

この会は中国地域野菜技術研究会の主催の元、『水田利用野菜及び加工・業務用野菜の生産振興に関する取組』をテーマに、総勢71名の方々が情報交換を行いました。

【参加メンバー】
中国四国農政局生産部生産技術環境課
中国四国農政局生産部園芸特産課
(以下、島根県)
西部農林振興センター浜田農業普及部
農業技術センター技術普及部
(以下、鳥取県)
東部農林事務所鳥取農業改良普及所
西部総合事務所西部農業改良普及所
西部総合事務所大山普及支所
農業振興戦略監とっとり農業戦略課
(以下、広島県)
西部農業技術指導所
東部農業技術指導所
北部農業技術指導所
(以下、山口県)
岩国農林水産事務所農業部
山口農林水産事務所農業部
美祢農林水産事務所農業部
萩農林水産事務所農業部
農林総合技術センター農業担い手支援部
(以下、徳島県)
高度技術支援課
徳島農業支援センター
(以下、愛媛県)
東予地方局産業振興課地域農業育成室
農産園芸課
(以下、岡山県)
農林水産総合センター普及連携部
備前広域農業普及指導センター
備南広域農業普及指導センター
井笠農業普及指導センター
備北広域農業普及指導センター
新見農業普及指導センター
美作広域農業普及指導センター
真庭農業普及指導センター
勝英農業普及指導センター
県庁農産課
農業研究所農研 野菜・花
農業研究所高冷地研究室
農林水産総合センター普及推進課
倉敷青果荷受組合
クラカアグリ株式会社




講演では、野菜の需要が減少している中、加工・業務用野菜の需要は益々増加傾向にあることや、安全・安心な加工・業務用国産野菜の安定供給に向け、契約農家のしっかりとした基盤が必要なこと、契約農家のモデルとしてクラカグループの農業生産部門であるクラカアグリを設立し、自ら加工・業務用野菜の栽培を行うと共に、地域農業をサポートし、活性化に貢献していることを紹介しました。
また、加工・業務用野菜の栽培は、ホール野菜と比べて低価格で取引され、収入が少ないイメージがあるが、出荷調整作業などの手間が軽減され、相場に左右されないので、結果的に儲かる農業につながると説明しました。





2日目は、実際に倉敷青果荷受組合へ足を運んでいただき、安定供給に向け端境期にキャベツを貯蔵できる集出荷貯蔵施設や、西日本最大級となるカット野菜工場を見学していただきました。



クラカグループの本社屋では、カット野菜工場内を紹介したムービーをご覧いただき、安全・安心な加工・業務用野菜がどのように作られていくかを学んでいただきました。



みなさん真剣な面持ちで説明を聞いていただき、加工後の残渣はどのように処理しているのか?や、傷んだ野菜が紛れ込んでいる事は無いのか?など、率直な質問をいただきました。
もちろんクレームも0ではなく、残渣も牛や豚の餌や肥料にするしか今はありませんが、問題を集約し、常に改善していく努力は怠りません。

まだまだ契約農家が少なく、加工・業務用野菜に外国産野菜を使用せざる負えない時期もありますが、今回紹介させていただいた内容を持ち帰っていただき、儲かる農業に向け、農家の技術支援に役立てていただけたらと思います。

令和元年となる2019年5月25日(土)、岡山県産野菜の生産者、中間事業者、加工業者が集まり、岡山県産野菜生産・利用拡大協議会の検討会を行いました。

【参加メンバー】
会長 冨本尚作
副会長 冨本啓作
岡山北部青果生産組合
岡山南部青果生産組合
有限会社エーアンドエス
吉備路グループ
蒜山グループ
有限会社高原農芸
クラカアグリ株式会社
倉敷青果荷受組合 蔬菜部
倉敷青果荷受組合 カット野菜部

まず会長 冨本より、平成30年度の出荷量について岡山県産野菜生産・利用拡大協議会全体で約1,073トンの出荷量があり、今年の目標としてはキャベツをあと700トン増やしたいとの説明をし、岡山県内のキャベツ生産者を募るチラシを紹介し、ご協力をお願いしました。その後、生産者の自己紹介を行いました。




画像クリックでpdf表示




続いてクラカアグリ 牛丸博聴より排水対策について穿孔暗渠機『カットドレーン』を用い、地中に水路を形成することで湿害対策、通気性、排水性改善に効果があるとの説明をし、30馬力の小型トラクターでも『カットドレーンmini』なら引くことができ、十分な排水対策が可能とのことでした。



(有)高原農芸 高原 健 様からはキャベツの品種紹介や異常気象対策など、今後益々需要の高まる加工・業務用野菜の栽培について、貴重なお話や資料のご紹介をいただき、大変勉強になりました。


画像クリックでpdf表示


みなさん真剣な面持ちで拝聴されていました。

その後、クラカアグリの圃場を見学していただき、懇親会を行いました。





全国の生産農家が減少傾向にある中、岡山県の農業を活性化させ、安全・安心な加工・業務用野菜の生産に尽力できるよう、今後とも皆で一丸となって頑張りたいと思います!

2019年(平成31)3月12日、第13回国産野菜の契約取引マッチングフェアin東京に出展いたしました。

この展示会は独立行政法人農畜産業振興機構主催の見本市で、東京国際フォーラムで開催されており、隣の展示ホールでは第13回JA国産農畜産物商談会も開催され、来場者集客の相乗効果を狙っており、それを目的で来るお客様が多く来場される展示会です。

得意先の新規開拓は勿論のこと、日本全国で安全・安心な国産農産物を生産する生産者・生産団体の方々が契約取引マッチングを求めているので、この出展社同士のつながりが中間事業者として定時、定量、定品質、定価格で生産者と需要者をつなぐ重要な役割を担っていると考え、使命感をもって取り組んでいます。





会場内プレゼンテーションコーナーにおいて、TVで取り上げられた動画を流しながら実際に見ていただき、事細かに一つ一つ説明し、又クラカアグリでの生産、倉敷青果での卸売流通、倉敷青果カット野菜部にて付加価値を付ける加工、中国四国を中心に西日本実需者への物流供給販売、[生産→流通→加工→販売]の川上から川下までを一貫して対応出来る数少ない中間事業者であると全国の皆様方に強くアピールして参りました。



プレゼンは出展各社20社ほど行っておりましたが、一番のお客様動員数であった事と、興味津々な表情で正に注目度の高い発表であったと、主催者事務局からも言ってい頂けました。



これを機会に、お越し頂いたご来場者様、出展者の皆様方との繋がりが益々深まり、国内農産物の生産振興に少しでも繋がるのであれば、こんな素晴らしい事は無いと考えております。

お立ち寄り頂きました皆様、本当にありがとうございました。

2019年(平成31)3月7日、千葉県幕張メッセで開催された第44回FOODEX JAPAN2019に出展いたしました!

FOODEX JAPAN(フーデックス ジャパン)とは、アジア最大級の食品・飲料専門展示会で毎年7万人以上の食品・飲料購買担当者が訪れます。
公益社団法人国際観光施設協会など5団体によって主催され、出展者・来場者双方のビジネス拡大の絶好の場として、海外からも注目が集まる展示会です。






会場内の展示ブースには、海外企業の出展も多く、外国人バイヤーも多く見受けられ、まさに世界の食品業界に注目される展示会の印象を受けました。


当社のブースにも多くの食品関係者に立ち寄っていただき、特に外食・給食等の業務用関係者が多く、加工・業務用カット野菜に興味を持っていただきました。

倉敷青果荷受組合では、国産野菜の周年安定供給にも力を入れており、収穫時期の異なる全国の契約産地からリレー出荷を行い、端境期には集出荷貯蔵施設にて冷蔵貯蔵された野菜を使用するなどして、安全・安心な加工・業務用国産野菜の供給に取り組んでおります。
是非、当社のカット野菜をよろしくお願いいたします。

2019(平成31)年2月25日(月)発行の食品市場新聞に掲載されました!
『シーフードショー アグリフード 全国から750社出展 大阪で同時開催 』という見出しで、2日間で1万5892人が来場したとのこと。
会場には全国各地から生産者、中小事業者750社が出展し、こだわりの農産物、水産物、地域商材、独自製法による加工商材など5000アイテムを出品し、同会場で出展していた倉敷青果荷受組合が紹介されました。

●クリックしてご覧ください●

倉敷青果荷受組合は、コンシューマパックサラダをはじめ、ドラッグストアやコンビニ向けの小分け野菜、外食向けの業務用カット野菜など、全国240社、8200店舗に供給しており、『安全・安心な加工業務用野菜の安定供給』に尽力しております。





大阪会場という事もあり、近県の企業が多く、外食・量販店のバイヤーを中心に多くの方々に立ち寄っていただきました。

他社のブースを観ても商品力を上げてきており、新しいことに取り組んでいる印象を受けました。
当社も商品のリニューアルなどを行い、飽きられない企業にしていきたいと思います。

2019年(平成31)2月13日~15日。スーパーマーケット・トレードショーに参加いたしました。

スーパーマーケット・トレードショーは、スーパーマーケットを中心とする食品流通 業界に最新情報を発信する商談展示会で2月13日(水)から15日(金)、千葉県の幕張 メッセにて開催されております。



全国のスーパーマーケットを中心とした小売業をはじめ、卸・商社、中食、外食、海外などから多数のバイヤーにご来場いただいており、出展者の新たな販路やビジネスチャンスにつながる場として、今回で53回目の開催となり初日から多くの来場がありました。

今回、岡山県ブースの1画に出展させて頂きましたが、入り口の一等地に出展させて頂き初日から大盛況となりました。
クラカグループの目指す『食の安全・安心と安定供給』をより多くの方々に知っていただけるよう、これからも尽力していきたいと思います。