クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





お知らせに関する記事

2017年(平成29年)12月8日、野菜流通カット協議会のセミナーとして
『平成29年度 青果物流通システム高度化事業(全国推進事業)
 水田転作・裏作を利用した加工・業務用野菜の栽培取組産地
 現地視察及びセミナー』が開催され、
セミナー主催関係者含め約120名様が倉敷青果荷受組合に来社されました!

 ● 当日スケジュール ●
  総社市クラカアグリ圃場視察
  ⇒矢掛町クラカアグリ圃場視察
  ⇒岡山県産野菜生産・利用拡大協議会のエーアンドエス圃場視察
  ⇒倉敷青果荷受組合 敷地内 集出荷貯蔵施設・カット野菜工場・
   農産物処理加工施設建設予定地視察
  ⇒倉敷青果荷受組合 3F大会議室にて、事例紹介・意見交換会

上記の日程で、国内野菜生産振興のために取り組む
農林水産省を始めとした行政の皆様、
種苗業者、農機具業者、生産者、加工業者、量販店など
多種多様な業種の方々が全国から岡山駅に集まり、
借り上げバス2台に乗り合わせて各地を巡りました。


倉敷青果荷受組合は岡山県内の生産者・中間事業者・食品製造業者と共に
『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』を発足し、
水田を利用した野菜の転作・水田裏作による岡山県産野菜の産地化、
遊休農地の活用に取り組み、
クラカグループが設立した農地所有適格法人『クラカアグリ株式会社』では
モデル農場として キャベツ・青ネギ・レタス の加工用業務用野菜を生産・出荷し、
生産者支援も行っています。

全国的に注目度の高い取り組みを行なっていることから
クラカアグリ圃場、岡山県産野菜生産・利用拡大協議会会員のエーアンドエス圃場、
そして倉敷青果荷受組合がセミナーの視察地として選ばれ、大変光栄です!

当日はクラカグループ従業員総出で視察の準備や対応にあたりました。

その2へ続きます☆

※この文章は 【H29.12.8】野菜流通カット協議会セミナー その1 の続きです。


<岡山駅を出発し総社圃場へ>

セミナー参加者の皆様方には岡山駅からバスに乗り合わせて頂き、
第一の視察地、総社市のクラカアグリ圃場へ向かいました。
総社ではバス車内から、クラカアグリの原点である総社の圃場の様子や
クラカアグリの育苗ハウスの視察となりました。

クラカアグリでは育苗、畝立、施肥、定植など、
『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』メンバーからの業務委託も承っており
失敗しない農業のアドバイスをするだけでなく、
成功させるために機械や自社生産の苗を活用しての支援を行っています!

<総社から矢掛圃場へ>

バスの中では、バス内のモニタに投影しての事例説明も行われ
クラカアグリの取組みについて大変熱心に聞いて頂きました。

第二の視察地、矢掛町のクラカアグリ圃場では
バスから降りて3箇所の圃場を巡りました。

水田を利用した野菜の転作を行う為には排水対策が重要という説明と共に
クラカアグリ牛丸が機械を使って額縁明渠を掘る実演をしました。
額縁明渠と高畝に畝立てしていくことで排水性の高い土壌が実現します!


<矢掛から笠岡エーアンドエス圃場へ>
移動中のバスの中では有限会社エーアンドエスの映像と資料を流し説明しながら
笠岡干拓のエーアンドエスの圃場へ向かいました。

広大な圃場を視察しながら、エーアンドエス社長による
キャベツ・玉ねぎなどの加工・業務用野菜生産の工夫や取組についての説明、
機械を使った定植の実演がありました。


その3へ続きます☆

※この文章は 【H29.12.8】野菜流通カット協議会セミナー その2 の続きです。


<笠岡干拓から倉敷青果荷受組合 視察へ>

倉敷青果荷受組合では総勢120名を誘導するにあたって
全6班に分かれて順路を決めて入れ替え制で
カット野菜部 営業や仕入の担当者が説明して回りました。

2017年2月に新設した岡山県産の加工用キャベツの貯蔵庫『集出荷貯蔵施設』、
2018年2月に新設予定のカット野菜工場『農産物処理加工施設』建築現場など
敷地内の主要な建物を巡り、工場の窓からカット野菜の製造現場を説明し、
市場内、庫内で現在の仕入れ状況や販売状況についての説明も交えながら
現在の倉敷青果荷受組合の加工・業務用野菜に関する現場を視察して頂きました。


<事例紹介・意見交換会・質疑応答>

各班の視察終了後は倉敷青果荷受組合3F会議室にお集まりいただき、
倉敷青果荷受組合 理事長 冨本による事例発表が行なわれました。
岡山県産キャベツを加工業務野菜として生産や利用量を拡大していくことで
『定時・定量・定質・定価』を実現し周年安定供給できる体制となり、
そして物流コストも抑え『低価格』となります。
しかし、その前段階として『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』を立上げ、
農地所有適格法人『クラカアグリ株式会社』を設立し、
岡山県産が不足する時期は産地からのリレー・貯蔵出荷を計画するなど、
並々ならぬ努力や計画があることをセミナーの集大成として発表しました。


その後の質疑応答にて、エーアンドエス社長より播種から出荷の時期、
栽培の工夫などの具体的な説明があり、
契約栽培のメリット・デメリットを問うセミナーならではの質問もありました。


クラカグループ従業員一同で協力し臨んだ今回のセミナーは
全国から視察に集まって頂ける事業を手掛ける会社に所属する者として
私たちの中でも良い意識付けになり、従業員自らの勉強にもなりました。

今後もグループ全体を挙げて岡山県産野菜の生産・利用拡大を目指し、
国内農業振興に貢献していきたいと思います!

【H29.11.15】山荘清掃に行ってきました

2017年(平成29年)11⽉15⽇、⼭荘清掃に⾏ってきました!

兵庫県⾚穂郡の播磨⾃然⾼原クラブには、
クラカグループの従業員が誰でも気軽に利⽤できる⼭荘があります。
社員だけでなく、パートさんでも利⽤できます。
2017年3⽉にリニューアルしたばかりで
ちょっとしたイベントに活⽤したり、宿泊も可能な施設です。


播磨⼭荘は全員が利⽤できる施設なので、
清掃・点検も 新⼊社員・ベテラン社員 問わず当番制で定期的に⾏っています。
今回は荷受部⾨の営業職とカット野菜部のフレッシュな⼥⼦社員で⾏ってきました!

⼤⾃然の中の佇まいなので、外回りは落ち葉の掃き掃除、
建物内は⽔回りを中⼼に、念⼊りに清掃を⾏いました!

ひと段落したあとはベランダに出て、清掃メンバーでランチ♪
気持ちの良いお天気で、職場から離れた場所で部署を超えた交流ができました!

クラカグループには⼭荘利⽤制度の他に
『DIAMOND Pizza&Coffee』のドリンクチケットのサービスなど
嬉しい社内の制度や福利厚⽣があります。
チケットについても、社員だけでなくパートさんにも⽀給されます。
そして⼊社してわかるバラエティ⾊豊かなところもたくさんあります 。

ホームページに訪れた皆さんにクラカグループをもっと知って頂けるように
このNEWSコーナーの中でもときどき紹介して⾏きたいと思います!

2017年(平成29年)11月13日、熊本県より
JAかみましきイチゴ部会役員の皆様が来社され、
倉敷青果荷受組合 顧問 冨本 と 果実部課長 箕浦 出席のもと
『JAかみましきイチゴ部会消費地会議』を開催し、
本年産苺について協議しました。

倉敷青果荷受組合 社屋2F会議室にて、
産地状況および消費動向について、盛んな情報交換が行なわれました。
倉敷青果荷受組合では本年度も責任販売に努めることをお約束しました!


これからクリスマス・お正月・お雛祭りのイベントもあり、冬から春にかけて、
鮮やかなルビー色の可愛い苺は季節に欠かせない果物です。
熊本産の甘酸っぱく赤くつやつやに光る苺を
皆様の食卓にお届けできるようしっかりと販売していきます!

JAかみましきイチゴ部会役員の皆様、ご来社頂きありがとうございました。

JAかみましき ホームページへ ⇒ ⇒ ⇒ ★ クリック ★

2017年(平成29年)10月26日、和歌山県より
JA紀南 総合選果場運営委員会 みかん部会役員の皆様が、
視察 及び 協議の為、倉敷青果荷受組合に来社されました。

顧問 冨本、果実部 鄭 出席のもと、本社屋2階会議室にて
本年度のみかんについての協議を行ないました。



みかんの販売計画については今年もしっかりと販売し、
産地の付託に応えるお約束をする内容となり
大変有意義な密度の濃い時間となりました。

和歌山の甘酸っぱく味の濃い美味しいみかんを
本年もたくさん販売したいと思います!

JA紀南の皆様、ご来社頂き誠にありがとうございました。

JA紀南のWEBサイト へ ジャンプ


2017年(平成29年)9月10日(日)発行の山陽新聞に
倉敷青果荷受組合での農産物処理加工施設(カット野菜工場)の新設の記事が
建設現場の様子とコンシューマサラダパックのカラー写真を添えて掲載されました。

クリックして拡大表示できます!

記事の中では新築工事の規模や概要、工場内の設備投資に加えて
高まる加工・業務用野菜のニーズに伴う農産物処理加工施設の重要な位置づけ
そして原材料確保のための取り組みについて紹介されています。

『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』で掲げている目標として
加工・業務用キャベツについては2018年度に向け約1,000トン、
原材料である岡山県産のキャベツ・青ネギ・レタスについては
2019年度に向け約1,000トン、合計で約2,000トンの増産を計画しております。
2018年(平成30年)2月を目標に農産物処理加工施設を完成させ、
協議会の増産計画も実現させた上で、
岡山県産野菜を余すことなく製品に加工できるようになるという計画です!

また、クラカアグリが業務委託によって生産者の栽培を支援することで、
理事長 冨本 のコメントのにある『より質の高いカット野菜』を
原材料の段階から安全・安心で高品質な状態で仕入れることができます。

生産地から食卓に至る国産野菜サプライチェーンを構築し、
岡山県産野菜の増産に貢献できるよう
クラカグループはこれからも新しい挑戦に取り組んでいきます!

農林水産省の『平成29年度 強い農業づくり交付金』の補助金を活用し、
総工費3億8千万円、鉄筋2階建、延床面積1325㎡、年間処理能力1920トン、
平成30(2018)年2月15日完成を目指し、農産物処理加工施設新築工事が始まりました。

平成29(2017)年8月4日、本社屋3Fの入札会場にて最終入札を実施し、
農産物処理加工施設新築工事は『株式会社重藤組』、
農産物処理加工施設新築断熱パネル式冷蔵設備工事は『株式会社クールテック』に
施工を担当して頂くことに決定しました!どうぞよろしくお願い致します。

そして、平成29(2017)年8月10日、倉敷青果荷受組合 カット野菜工場の南側で
工事関係者とクラカグループ管理職、関係者を集め起工式が行われました。

足高神社井上宮司による工事予定の土地を清めて頂く『清祓いの儀』、


工事関係の代表者様、クラカグル―プ代表の吉田が「えい、えい、えい」と
威勢よく掛け声をかけながら行なった『地鎮の儀』、


そして、式典を滞りなく終えた後は、神様にお供えしたお神酒で
無事に怪我や事故が無く竣工しますようにと安全祈願し、皆で乾杯致しました。

乾杯後は倉敷青果荷受組合の理事長 冨本による挨拶があり、
「安全第一」を基本にした工事が始まる上での注意点、
そして、昨年『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』で決めた
加工用キャベツ 985トンの生産・利用計画に加え、
本年はキャベツ・青ネギ・レタス 1,003トン増産を目指しており、
その加工を行う農産物処理加工施設の役割の重要性を皆さんにお話しました。






『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』設立以後、
クラカグループでは岡山県の農業振興のための取り組みを続けております。

クラカアグリ株式会社で生産者への農業支援を行なって生産の地盤を固め、
集出荷貯蔵施設で加工・業務用野菜の低温短期貯蔵を実現し、
新築工事を開始した農産物処理加工施設では、増大する加工・業務用野菜の
カット野菜工場としてカット加工・選別・包装機能の強化を図ります。

生産地から食卓に至る国産野菜サプライチェーンを構築し、
鮮度や美味しさを保証する高品質の岡山県産野菜を広められるよう、
『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』の皆様と協力して歩んでいきます!

2017(平成29)年7月、集出荷貯蔵施設の最新情報をお届けします!

岡山県産野菜生産・利用拡大協議会会員の皆様方からの
加工・業務用キャベツの出荷は6月20日で終了しました。
約一ヶ月間、集出荷貯蔵施設を活用、低温での短期貯蔵で、
安定供給を実現しましたが、それもあと僅かで終了となります。

★残りあと1週間の岡山県産キャベツです★

7月18日からは群馬県のJAつまごいから加工・業務用キャベツを契約仕入れし、
以降は群馬県産と北海道産のキャベツをリレー出荷にて安定供給、
そして10月下旬から岡山県産キャベツの供給を再開していく計画となります。

岡山県産野菜生産・利用拡大協議会会員の皆様、大変お疲れ様でした。
10月からも岡山県で生産した美味しいキャベツの出荷をお願いします!


岡山県産野菜生産・利用拡大協議会では青ネギとレタスの生産も始めました。
新規会員様も大歓迎です。
岡山県の農業振興に尽力したい!という生産者の皆様、加工業者の皆様、
共に協力・協議し、野菜の産地として岡山県を盛り上げていきましょう!

平成29(2017)年6月26日(月曜日)発行の農経新聞に
「経済産業省『攻めのIT経営中小企業百選』に倉敷青果荷受組合が選出」の
見出しの記事が掲載されました。

★クリックで拡大表示します★


【H29.6.19】農経新聞 全国地方卸売市場等青果卸取扱高調査 では
2016年度の倉敷青果荷受組合は19位、130億9千万円の取引高を公表されました。
前年度比110.4%を確保しているその原動力とはなんなのか、という切り口で
「攻めのIT経営中小企業百選」に選出された取り組みが紹介されています。

IT活用で効率化を図ることはもちろん重要ですが、
顧客にアピールできないIT化では現状維持に留まってしまうばかりです。
今後も取引の拡大に繋がるような戦略的なIT投資を実践していきます!

◆攻めのIT経営についてのPDF◆