クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





コンシューマパックサラダについて 皆様の疑問にお答えします!

 
カット野菜部 > コンシューマパックサラダQ&A

コンシューマパックサラダに関する、皆様の疑問にお答えします。


コンシューマパックサラダとは・・・

コンシューマパックサラダってどれくらい便利?(時間節約編)

コンシューマパックサラダってどれくらい便利?(「もったいない!」を解決編)

野菜価格が高騰すると、コンシューマパックサラダも高くなる?

コンシューマパックサラダとは・・・

「コンシューマ」パックサラダってなんですか?

コンシューマとは、「消費者向けの」という意味です。

私達のカット野菜工場では、大きく分けて2種類のカット野菜を製造しています。
①加工用・業務用カット野菜(レストランなどのお料理や、スーパーに並ぶお惣菜、レトルト食品・冷凍食品、調味料などに使用される)
②消費者向けカット野菜(スーパー・コンビニなどから消費者の手に渡り、サラダや煮物、炒めものなどのお料理として皆様の食卓に並ぶ)

②の方を「コンシューマパックサラダ」と呼んで、区別しています。

↑ページトップへ

コンシューマパックサラダってどれくらい便利?(時間節約編)

家族がしっかりと野菜を摂れるようにしたいけど、私も働いているのであまり手間をかけられません。
子どももいるので毎日野菜を食べさせたいのですが・・・

そんな 共働きのご家族 にこそ、コンシューマパックサラダがぴったりなのです!

私達のオリジナルブランドの商品「5品目の大根ミックス」を例に説明します。
このサラダの材料は、大根・レタス・グリーンリーフレタス・水菜・人参です。
これをもしご家庭で手作りする場合、5種類の野菜をそれぞれ調理する必要があります
水洗いや、皮むき、大根・人参を千切りにしたり、葉物をちぎったり・・・
材料の準備が終われば、軽く混ぜ合わせて、お好みのドレッシングをかけて完成!
ですが、お料理はここで終わりではありませんよね。

洗い物 調理器具を洗ったり、皮や芯などの生ごみの処理をしたり、後片付けも大変です。

では、コンシューマパックサラダを使った場合はどうでしょうか。

洗わずにお皿に出すだけですぐに食べられて、洗い物もグッと少ないですし、皮などの生ごみは一切出ません。
調理も、片づけも、楽になると思いませんか?

空いた時間で、いつもより一品多く作れて、結果的に野菜の摂取量を増やすことができるかもしれませんね!


↑ページトップへ

コンシューマパックサラダってどれくらい便利?(「もったいない」を解決!編)

主人と二人暮らしです。高齢なのであまり量は食べられないけれど、毎日野菜を摂るようにしたいです。
まるごとの野菜を買うと、どうしても全て食べきる前に傷んでしまったり、味が落ちてしまう・・・
少量ずつ買うことができるといいのだけど・・・

一人暮らしの方や、食べる量があまり多くない世帯では、ホールの野菜を買うと、食べ切る前に古くなってしまうことが多いようです。
捨てると生ごみも増えるし、なによりももったいない・・・という気持ちになりますよね。

そういう場合も、コンシューマパックサラダが便利です。
小さいものだと一袋1人分、大きいものだと2人が十分に食べられるものもあります。
毎食、新鮮なサラダが食べられますよ!

それなら、高齢者だけの世帯でも野菜を傷ませずに済みますね。
一人暮らしの孫にも教えてあげようかしら。


↑ページトップへ

野菜価格が高騰すると、コンシューマパックサラダも高くなる?

天候の影響で野菜が高騰しています。
野菜は毎日食べたいのですが、値段を見て少しためらってしまいます。
コンシューマパックサラダも当然値上げしますよね?

青果物の収穫量は天候の影響を直接受けるため、価格も大きく変動します。
ホール野菜が高くなれば、当然コンシューマパックサラダも高くなる・・・と思われるかもしれませんが、私たちは「野菜が高い時にも、皆様にしっかりと野菜を食べて欲しい」という気持ちで、安定価格での販売への取組を行っています。

産地 具体的には、仕入先である産地との協議により、「このシーズンは、○トンの野菜を、◎円で取引しましょう」という取り決めをします。
産地側は、規定に沿った野菜を 契約数量分出荷できるように、心を込めて生産します。
そして私たちは、感謝の気持ちを込めて、取り決めた金額で買い取ります。
これを「契約取引」と言って、パートナーである産地は「契約産地」、皆様に安定価格で野菜を提供するための大切なキーワードです。

急に野菜が高騰しても、コンシューマパックサラダが一気に値上がりしてしまうわけではないのですね。

その通りです。

私たちは「契約取引」ができるパートナーを更に増やしていけるように今も取り組んでいます。
「契約産地」との取組は こちら に詳しく掲載していますので、ご覧ください。

↑ページトップへ

その他 皆様の疑問にお答えします!

こちらのフォームからお気軽にお寄せください。