クラカグループ(倉敷青果荷受組合)





カット野菜部とは

 

地方市場から付加価値商品分野へ進出

私達カット野菜部が皆様にご提案できること
1新鮮・安定価格
2ファブレス化(無工場化)
3安全性
4利便性
5経済性
1~5にマウスを乗せると説明が表示されます
営業担当者の紹介
カット野菜部資料

当組合は高付加価値商品の開発を目指し、平成10年4月より『洗浄殺菌カット野菜』の製造・ 販売をスタートしました。以降、デパート、スーパーマーケット、ベンダー、外食産業、 医療・事業所給食などに様々な野菜を様々な規格でお届けしております。

平成25年に9度目の工場拡張工事を行い、総面積は2,280平方メートル、日量処理能力を30トンに引き上げました。 増設に伴い、最新鋭のスライサー、独自で開発した殺菌ラインの増設などにより、品質面、 安全面共西日本最大級のカット野菜工場に成長したと自負しております。
設備・工程紹介アイコン.jpg



整った設備、スタート時より培ってきたノウハウを以って、平成21年5月、わたしたちはカット野菜・ホール野菜を含めると卸売市場業界では初となる『ISO22000食品安全マネジメントシステム』を認証取得いたしました。今後も継続的改善を行い、皆様に更なる安全・安心・新鮮・美味しい野菜をお届けしてまいります。


弊社カット野菜部の取り組みが紹介されている外部サイト

直販モデルへの転換をIT経営で加速(ITPro/日経BP社)
・ 生鮮取引電子化推進協議会による弊社視察報告(PDF)
alicによる調査報告
加工用・業務用野菜に関する資料
alicによる調査報告

カット野菜部 沿革

1998年4月洗浄野菜プロジェクトチーム
7人編成で発足
工場(172㎡)が完成、日量1.5トンを加工処理、オゾン水で洗浄殺菌
1999年3月工場第2期増設工事 総面積390㎡、加工処理能力は日量3.8トン
2000年12月工場第3期増設工事 総面積740㎡、加工処理能力は日量6.5トン
2002年7月工場第4期増設工事 総面積1,040㎡、加工処理能力は日量9.0トン
2004年4月スチームコンベクションを導入 加熱処理が可能になる
     11月プロセスセンター完成 断熱パネル式高床式1階250㎡、ドックシェルター採用
2005年3月電界次亜水(クローラ水)生成システム導入
2006年4月品質保証係を新設 食品検査等を自社で始める
2007年2月新型2号殺菌ライン導入 電解次亜水(クローラ水)生成システム増設
     3月中国人研修生宿舎完成 中国人研修生の採用を始める
     6月工場第5期増設工事 総面積1,400㎡、加工処理能力は日量15トン
     7月
イシダ式X線異物検査装置 1台導入
2008年3月新ピッキング室完成 断熱パネル式1階、140㎡ 10℃管理
原材料保管冷蔵庫55号室増設 断熱パネル式1階、80㎡ 5℃管理
2009年3月第二回国産野菜生産・利用拡大優良事業者表彰
最高賞
を受賞
     4月ISO22000 食品安全マネジメントシステム 認証取得 卸売青果業界では日本初
     8月国産玉葱の契約取引を始める
     12月基幹システムを入替 受注やピッキングにITを活用した新システム
2010年 3月玉葱自動皮むき機1台導入
農産物処理加工施設 完成 断熱パネル式1階建て 275.2㎡
2010年4月洗浄野菜プロジェクトチームからカット野菜部に昇格
     11月新社屋 完成
鉄骨3階建 延べ930㎡
おかやまIT経営力大賞最高賞の大賞を受賞 受注管理システム
2011年 3月第四回国産野菜生産・利用拡大優良事業者表彰
最高賞
を受賞
集出荷貯蔵施設 完成 断熱パネル式高床式1階 310㎡
     5月第19回中国地域ニュービジネス大賞表彰制度
優秀賞
を受賞
     9月
バナナ追熟加工施設を増強、本格稼働
全7室 総工費1億5千万円、年間加工能力39万ケース
2012年3月集出荷用・一時加工用コンテナ洗浄機ライン 導入 断熱パネル式1階 140.9㎡
2013年2月生産管理システム導入 ペーパレス化、作業の見える化、効率化を目指して
     3月本社屋上へ太陽光発電設備 設置 発電容量 22.5kWh
     11月おかやまIT経営力大賞 優秀賞受賞 受注管理システム・生産管理システムの連携
     12月市場大屋根へ太陽光発電設備 設置 発電容量 100kWh
自動計量機・包装機ライン 導入 包装室280㎡増築、工場全体 2280㎡ 日量30トン