クラカグループ沿革

1946年(昭和21年)

『倉敷青果荷受組合』設立

1998年(平成10年)

『洗浄野菜工場』完成
(洗浄野菜プロジェクトチーム7人編成で発足)

以後、売上増による5回の拡張工事

2005年(平成17年)

(3月)洗浄野菜工場『電解次亜水(クローラー水)生成システム』を導入

2006年(平成18年)

(4月)洗浄野菜工場『品質保証係』を新設

食品検査等を自社で始める

2008年(平成20年)

(3月)『新ピッキング室』の完成

断熱パネル式1階140㎡、10℃管理

(3月)『原材料保管冷蔵庫55号室』を増設

断熱パネル式1階80㎡、5℃管理

2009年(平成21年)

(3月)『第二回国産野菜生産・利用拡大優良事業者』として蔬菜部が農林水産大臣賞を受賞

最高賞受賞

(4月)洗浄野菜プロジェクト『ISO22000 食品安全マネジメントシステム』の認証取得

卸売青果業界では日本初

(8月)『国産玉葱の契約取引』を始める

(12月)洗浄野菜プロジェクト『基幹システム』を入れ替え

受注やピッキングにITを活用した新システム

2011年(平成23年)

(2月)『IT経営実践組織』に認定されました

(3月)『第四回国産野菜生産・利用拡大優良事業者』としてカット野菜部が農林水産大臣賞を受賞

最高賞を受賞

(3月)『集出荷貯蔵施設』完成
(農林水産省補助事業活用)

断熱パネル式高床式1階310㎡

(5月)『第19回中国地域ニュービジネス大賞』優秀賞を受賞

(9月)『バナナ追熟加工施設』を増強、本格稼働

全7室 総工費1億5千万円、年間加工能力39万ケース

2013年(平成25年)

(2月)『生産管理システム』導入

ペーパレス化、作業の見える化、効率化を目指して

(3月)本社屋屋上へ『太陽光発電設備』設置

発電容量 22.5kWh

(7月)『クラカフルーツ株式会社・クラカフレッシュ株式会社』事業統合

(10月)『電動式3段ラック』設置

(11月)『おかやまIT経営力大賞』優秀賞を受賞

受注管理システム・生産管理システムの連携

(12月)市場大屋根へ『太陽光発電設備』設置

発電容量100kWh

(12月)『コンシューマーパックサラダ工場』増設(カット野菜自動計量・自動包装機ライン導入)

包装室280㎡増築、工場全体2,280㎡、日量処理能力30トン

2018年(平成30年)

(2月)『農産物処理加工施設』完成
(農林水産省補助事業活用)

岡山県産野菜増産計画に基づき製造能力UP
鉄骨2階建て、延床面積1,325㎡

1932年(昭和7年)

『吉田商店』創業

1982年(昭和57年)

『クラカフルーツ株式会社』設立

青果仲買部門

『クラカフレッシュ株式会社』設立

青果仲買部門

1988年(平成元年)

吉田商事(旧吉田商店)より
『クラカコーポレーション株式会社』へ社名変更

2003年(平成15年)

業務拡大の為、隣接地(3,217㎡)購入

2004年(平成16年)

(4月)洗浄野菜工場『スチームコンベクション』を導入

加熱処理が可能になる

(11月)『プロセスセンター』完成

断熱パネル式高床式1階250㎡、ドックシェルター採用

2007年(平成19年)

(2月)洗浄野菜工場『新型2号殺菌ライン』を導入

電解次亜水(クローラ水)生成システム増設

(3月)『外国人技能実習生宿舎』完成

外国人技能実習生の採用を始める

(6月)『洗浄野菜工場』第5期増設工事

総面積1,400㎡、日量加工処理能力15トン

2010年(平成22年)

(3月)『全自動玉葱皮むき機』を導入・『洗浄野菜第二工場』を新設
(農林水産省補助事業活用)

断熱パネル式1階建て275.2㎡

(4月)洗浄野菜プロジェクトチームから『カット野菜部』に昇格

(10月)『新本社屋』完成

鉄骨3階建て、延べ930㎡

(11月)『おかやまIT経営力大賞』の最高賞を受賞

ITを活用した受注システム導入・ピッキングシステムとの連携

2012年(平成24年)

(3月)『集出荷用・一次加工用コンテナ洗浄機ライン』完成
(農林水産省補助事業活用)

断熱パネル式1階建て140.9㎡

(4月)『ダイヤモンドピザ&コーヒー』がリニューアルオープン

ダイヤモンドピザカフェから店名を変更

(8月)地元産の玉葱とトマトを使用した『ぼっけぇうまいドレッシング』シリーズ販売開始

2014年(平成26年)

『ぼっけぇうまいドレッシング』に岡山県産ねぎ、しょうが、にんじんの新ラインナップ追加

2015年(平成27年)

『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』設立

加工・業務用野菜の地元生産強化と地元農家の活性化、安定供給を目指す

2016年(平成28年)

『農地所有適格法人クラカアグリ株式会社』設立

加工・業務用野菜契約取引のモデルとして岡山県内で露地栽培をスタート

2017年(平成29年)

(2月)『集出荷貯蔵施設』完成
(農林水産省補助事業活用)

延床面積1,720㎡

(6月)経済産業省『攻めのIT経営中小企業百選』に選定される

システム導入による顧客満足度向上

2019年(令和元年)

(11月)『ゆうなぎ倉敷本店』オープン予定

海鮮・わら焼き・活タコ料理・新鮮野菜

クラカグループはこれからも倉敷から食卓を支え続けます!