Just another WordPress site

豪雨影響からの物流の回復について

2018(平成30)年7月14日、日本経済新聞に「平成30年7月豪雨」災害について「倉敷青果荷受組合」を含む 各地の生産や流通の回復状況が掲載されました。

 

↓クリックで拡大

 

今回の豪雨災害で倉敷青果荷受組合でも、一時的に全国からの物流の 3分の2 近くが止まる影響がありましたが、7月12日には最後まで残っていた九州方面からの物流が回復し、現在は通常通り入出荷ができております。

 

豪雨から一転して、例年にない猛暑が続いております。

大変な暑さの中、厳しい状況となりますが、被害にあった地域の復旧と復興、人々の心身の回復を願い、クラカグループ全体で、できる限りの支援を行いたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です