クラカグループの最新情報やグループ動向、野菜生産現場などを訪問した記事、リクルート情報などを掲載しています。

大佐地区生産者圃場で加工用キャベツの定植を行いました

2017(平成29)年7月30日(日)、クラカグループのクラカアグリ株式会社では、岡山県産野菜生産・利用拡大協議会メンバーである新見市大佐地区の生産者の圃場にて畝立て作業を行いました。そして、8月4日(金)には畝立てした圃場でキャベツの苗の定植も行っています。

 

 

 

今回、各農業機器の稼働中の様子も取れ、面白い動画になっておりますので、是非動画をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

岡山県産野菜生産・利用拡大協議会では、昨年加工用キャベツを1,000トン、本年もカット用キャベツ、レタス、青葱を合せて1,000トンとして、2年で合計2,000トンの岡山県産加工・業務用野菜の増産目標を掲げています。昨年、新見市大佐地区の生産者圃場では播種で失敗し、生産量ゼロという悲しい結果に終わっておりましたので、本年は何としても絶対に、成功させたいという思いがありました。

 

 

 

昨年の教訓から、生産者側で種から育てる…ということが難しい場合は、クラカアグリが育苗、畝立て、定植まで、業務委託される形でキャベツの栽培がうまく行くように支援します。苗半作というように、作物は苗を育て上げるまでが大変重要な工程です。生産者側で、日々の管理である 水やり・防除は行ってもらい、難しい部分・大変な部分を支援することで生産量アップを見込んでいます。

 

 

 

大玉で品質の良い加工用キャベツが生産できるように、今後も支援していきたいと思います。新見市大佐地区の皆様、これからもよろしくお願いいたします!

 

 

 

岡山県産野菜生産・利用拡大協議会では、会員を随時募集しています。クラカアグリ株式会社も2人増員し、支援体制が強化されます。野菜作りをやってみたい!という初心者の方にも支援致します。岡山県内での新しい産地作りに興味のある方は是非、ご連絡ください!

 

 

 

MAIL:ushimaru@kuraka-g.com (担当:クラカアグリ 牛丸)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です