Just another WordPress site

岡山県産野菜生産・利用拡大協議会 総会および検討会

平成30(2018)年7月28日(土)14:30~、岡山県産野菜の生産者、中間事業者である倉敷青果荷受組合、加工業者の3者が集まり、岡山県産野菜生産・利用拡大協議会 総会および検討会を開催しました。

 

新規加入の4名の生産者様も参加し、積極的な意見交換会が実現出来ました。

 

【新規加入生産者様】

 

河田 英明 様 吉備路グループ
小野 悟志 様 吉備路グループ
岡野 泰久 様 吉備路グループ
松本 和人 様 海斗商事

 

 

今回は、(有)髙原農芸 髙原 健 様をお招きし、栽培の要点、岡山県地域区分別に適したキャベツの品種等、ベテランから若手までの生産者を交え、実りある勉強会も行うことが出来ました。

 

特に、昨年10月の長雨、今年1月、2月の冷え込みによる不作について、原因と対策を話し合い、H30年度、31年度の生産目標達成に向けて、協議会参加者同士、一致団結出来たと思います。

 

 

★岡山県産野菜生産・利用拡大協議会 検討会 会議の様子★

 

地域の気候、地質にあった品種、水田の排水対策の意見交換と、非常に有意義な検討会になりました。

 

また、寒玉系キャベツの端境期である4月に出荷できるよう、栽培地域、栽培品種を研究している生産者から取組み事例の展開があり、協議会全体での生産量、生産技術向上に向けた情報共有が出来ました。

 

★勉強会の様子★

 

 

★懇親会の様子★

 

今後も定時・定量・定価格・定品質、および低価格で安心・安全な野菜を食卓にお届け出来るように、精一杯取り組んで参ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です