Just another WordPress site

岡山県産野菜生産・利用拡大協議会 検討会

令和元年となる2019年5月25日(土)、岡山県産野菜の生産者、中間事業者、加工業者が集まり、岡山県産野菜生産・利用拡大協議会の検討会を行いました。

【参加メンバー】
会長 冨本尚作
副会長 冨本啓作
岡山北部青果生産組合
岡山南部青果生産組合
有限会社エーアンドエス
吉備路グループ
蒜山グループ
有限会社高原農芸
クラカアグリ株式会社
倉敷青果荷受組合 蔬菜部
倉敷青果荷受組合 カット野菜部

まず会長 冨本より、平成30年度の出荷量について岡山県産野菜生産・利用拡大協議会全体で約1,073トンの出荷量があり、今年の目標としてはキャベツをあと700トン増やしたいとの説明をし、岡山県内のキャベツ生産者を募るチラシを紹介し、ご協力をお願いしました。その後、生産者の自己紹介を行いました。

 


画像クリックでpdf表示

 

続いてクラカアグリ 牛丸博聴より排水対策について穿孔暗渠機『カットドレーン』を用い、地中に水路を形成することで湿害対策、通気性、排水性改善に効果があるとの説明をし、30馬力の小型トラクターでも『カットドレーンmini』なら引くことができ、十分な排水対策が可能とのことでした。

(有)高原農芸 高原 健 様からはキャベツの品種紹介や異常気象対策など、今後益々需要の高まる加工・業務用野菜の栽培について、貴重なお話や資料のご紹介をいただき、大変勉強になりました。

 

画像クリックでpdf表示

 

みなさん真剣な面持ちで拝聴されていました。

 

その後、クラカアグリの圃場を見学していただき、懇親会を行いました。

全国の生産農家が減少傾向にある中、岡山県の農業を活性化させ、安全・安心な加工・業務用野菜の生産に尽力できるよう、今後とも皆で一丸となって頑張りたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です