Just another WordPress site

野菜流通カット協議会セミナー その1

2017年(平成29年)12月8日、野菜流通カット協議会のセミナーとして『平成29年度 青果物流通システム高度化事業(全国推進事業)水田転作・裏作を利用した加工・業務用野菜の栽培取組産地 現地視察及びセミナー』が開催され、セミナー主催関係者含め約120名様が倉敷青果荷受組合に来社されました!

 

 

 

● 当日スケジュール ●

 

総社市クラカアグリ圃場視察
⇒矢掛町クラカアグリ圃場視察
⇒岡山県産野菜生産・利用拡大協議会のエーアンドエス圃場視察
⇒倉敷青果荷受組合 敷地内 集出荷貯蔵施設・カット野菜工場・
農産物処理加工施設建設予定地視察
⇒倉敷青果荷受組合 3F大会議室にて、事例紹介・意見交換会

 

 

 

上記の日程で、国内野菜生産振興のために取り組む農林水産省を始めとした行政の皆様、種苗業者、農機具業者、生産者、加工業者、量販店など多種多様な業種の方々が全国から岡山駅に集まり、借り上げバス2台に乗り合わせて各地を巡りました。

 

 

 

 

 

倉敷青果荷受組合は岡山県内の生産者・中間事業者・食品製造業者と共に『岡山県産野菜生産・利用拡大協議会』を発足し、水田を利用した野菜の転作・水田裏作による岡山県産野菜の産地化、遊休農地の活用に取り組み、クラカグループが設立した農地所有適格法人『クラカアグリ株式会社』ではモデル農場として キャベツ・青ネギ・レタス の加工用業務用野菜を生産・出荷し、生産者支援も行っています。

 

 

 

 

全国的に注目度の高い取り組みを行なっていることからクラカアグリ圃場、岡山県産野菜生産・利用拡大協議会会員のエーアンドエス圃場、そして倉敷青果荷受組合がセミナーの視察地として選ばれ、大変光栄です!

 

 

 

 

当日はクラカグループ従業員総出で視察の準備や対応にあたりました。

 

 

 

 

⇒その2へ続きます☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です