Just another WordPress site

『JFフードサービスバイヤーズ商談会2022』に出展しました

2022(令和4)年11月15日(火)、東京都品川区五反田で行われた『JFフードサービスバイヤーズ商談会2022』へ当グループ倉敷青果株式会社からカット野菜部が出展しました。

 

この展示会は、外食・中食企業と関連産業とのビジネスマッチングの場として行われ、例年、国内外の農産物、加工食品、容器・包装など食に関するあらゆる企業が集まる商談会です。

今回は、ウイズコロナの時代を見据えた、新たなフードサービスを提案するため、152社、約1,600名の来場がありました。

 

 

当社からはオリジナルの袋サラダなど一般消費者向け商品の他に、カット野菜やキット野菜などの加工・業務用野菜を中心に展示しました。

 

外食・中食産業において、洗浄や皮むきなどの下処理が不要なカット野菜は労働の効率化を図るために欠かせない存在です。しかし、多種多様化するメニュー・食材に対応するためには、それぞれのお客様に応じた提案をする必要があります。

そのため、当社では、既存の規格を設けつつも、お客様のご要望に応じてカットの向きや形、加熱(スチーム)方法、包装形態など必要に応じて個別の規格を提案させていただくことも多くあります。

他にも、業務用キット野菜として、レストランなどでサラダとして利用していただける真空パックの「サラダベースキット」や、飲食店などで使用される野菜炒め用のカット野菜をセットにした「野菜炒めキット」、南蛮漬けやあんかけに使用されるカット野菜をまとめた「あんかけ用カット野菜キット」など、構成内容も様々な便利な商品もご用意しております。こちらも、もちろんお客様のご要望に応じてセット内容を変更することも可能です。

 

今後も、お客様に寄り添い、原材料となる野菜についての産地や品種に対する指定にも柔軟に対応するなど、ウイズコロナの時代を見据えた中食・外食産業様の新たなメニュー開発のお手伝いをさせていただきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です