Just another WordPress site

JAおうみ冨士の皆様が来社されました

2019(令和元)年11月5日、JAおうみ冨士の23名様が視察のため来社されました。

JA近江冨士部会は、滋賀県守山市・野洲市近郊エリアで耕地面積は、守山市が2,020ha、野洲市が2,430haで、うち水田が4,010haと水田率が90.1%です。
守山市、野洲市につながる湖辺部には豊かな水田地帯が広がっています。
他の主な農産物は、苺とメロンです。
苺とメロンを使用したゼリーなどの加工品を作り県外にアピールを行っています。

米の需要は年々減少していくばかりで、今後米中心の生産を変換していかざるを得ない事態に陥った時に、何を作っていったらいいのか、米と果実を作ってきた産地が、果たして高収益作物を生産する事が出来るのか、部会長を中心に協議を行ってきたのが現状です。
そんな中で、加工・業務用野菜の生産における先進的な事例である、クラカグループの取り組みを耳にされ、研修会として現地視察にお越しいただきました。

視察では、農林水産省の「強い農業づくり交付金」の補助事業の活用により整備した、集出荷貯蔵施設、農産物処理加工施設(カット野菜工場)など場内の見学を行い、その後本社屋3階の会議室において、クラカグループの取り組みについて説明させていただきました。

全農しがとは、野菜流通カット協議会会員企業と全農各県本部との商談会にてコミュニケーションをとり、キャベツ・玉ねぎの提案を受けておりました。水田活用・転作を今後進めていく為には、現在の農地を活用しながら産地全体で取り組んでいく必要があり、生産者の方々の考え方を変えていくためにも、実際の事例を目で見て、変化に対応していかなければならないという危機感をもって動いていることがうかがえました。

引き続き、クラカグループは、全国様々な課題をもって取り組んでいる生産者および実需者の方々の視察を受け入れ、加工・業務用国産野菜の生産利用拡大に寄与してまいります。

JAおうみ冨士のHPはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です