Just another WordPress site

山陽新聞に掲載されました

2019(令和元)年10月29日発行の山陽新聞に、2019年度の「おかやまIT経営力大賞」において、クラカアグリ株式会社が地域貢献賞に選ばれたことが紹介されました。

 

クラカグループの一員として、2016年10月に設立された(農地所有適格法人)クラカアグリ株式会社は、岡山県内の遊休農地・水田を有効活用して加工・業務用野菜の栽培を行っております。

認定農業者を取得し、農作業の機械化、耕作放棄地の解消、農業従事者の育成、安全・安心な加工・業務用野菜の栽培に取り組み、倉敷青果荷受組合と契約取引を行うことで、安定して儲かる農業のモデルを目指しています。

クラカアグリの取り組みは行政からも注目を集めており、岡山県農政企画課、農地中間管理機構、倉敷市、総社市、矢掛町の協力より、圃場集積や補助事業のバックアップを受けています。

攻めのIT経営の一環としてスマート農業の推進にも力を入れており、120ヶ所にまたがる小規模な農地を効率的に管理するため、新潟のベンチャー企業ウォーターセルが開発した農業支援アプリ「アグリノート」を導入しています。スマートフォンを利用し、施肥や農薬散布、収穫など、いつどんな作業を行ったかを記録し、社員で共有することができます。

今回の受賞は、「アグリノート」の導入、有効活用に加え、県内の栽培農家の支援活動を積極的に行い、遊休農地を集積・集約し、新しいやる気のある担い手に繋げる、クラカアグリの取り組みが評価されたもので、多数の応募の中から選ばれた栄誉あるものです。

記事画像をクリックして記事詳細をご覧ください。

様々なご支援により、クラカアグリは年々圃場の規模を拡大し、生産を増やしています。

若い担い手を育成し、明るく・楽しく・儲かる農業を目指し、新しい農業のカタチで地域を元気にしてまいります。

今後とも、クラカアグリとクラカグループをよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です