Just another WordPress site

日本事務機のメールマガジンに倉敷青果荷受組合が紹介されました

2021(令和3)年8月20日の日本事務器(株)fudoloopメールマガジンに、経営革新事例として倉敷青果荷受組合が紹介されました。

 

 

『fudoloop』とは、日本事務機が開発した出荷量事前共有アプリのことで、青果卸と生産者とを『つなぐ』目的で開発されました。

生産者が大切に育てた美味しい作物の価値や出荷予定などの情報を共有できるものです。

 

 

この度、そこで配信している地方市場の経営革新事例を紹介するメールマガジンに、倉敷青果荷受組合を紹介したいとの依頼があり、8月5日にWEB取材を受けた内容となります。

 

取材では、当組合理事長冨本より、洗浄カット野菜を始めたキッカケや、パート6名から事業をスタートして現在のカット野菜部まで規模を拡大した成り立ち、産地契約取引の推進、農業部門への進出などをお話させていただきました。

 

 

 

 

メールマガジンでは、それらの内容をうまく記事にまとめてくださり、更に現在推進中の『情報戦略』についても、ホームページからの情報発信や、社員間の情報共有強化となるグループウェア(desknet’sNEO)の導入など、他の市場の情報部門とはまた違う経営革新だと記載されています。

 

>>PDFは画像をクリック<<

 

 

新聞記事とはまた違った視点で記事にされていますので、是非ご一読ください。

>>WEB版はこちら<<

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です