Just another WordPress site

2019年度・主要青果卸の決算動向(農経新聞記事)

2020(令和2)年7月20日発行の農経新聞に、2019年度・主要青果卸の決算動向の記事が掲載されています。

業界全体が3年連続で取扱高が減少し、中央市場で6割以上にあたる30社が営業赤字となる中、民営市場は経営利益率1%以上が12社と比較的健闘しています。

その中でも、倉敷青果荷受組合は、総取扱高で前期比101%と昨対をクリアした他、営業利益率2.78%と全国トップクラスの高い業績を達成しております。

こうした好業績を収めることができましたのも、お取引先各位のご愛顧の賜物であり、心より御礼申し上げます。

当社では、こうした結果に満足することなく、より一層の業績向上を目指してまいります。

弛まぬ営業努力により取扱高の拡大を目指すとともに、攻めのIT経営を実践し、業務の効率化、コストダウン、品質の安定、向上をはかります。

皆様には変わらぬご愛顧を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です