クラカグループの最新情報やグループ動向、野菜生産現場などを訪問した記事、リクルート情報などを掲載しています。

群馬県沼田市にある「JA利根沼田」とJGAP認証「レタス部会」様の圃場へ訪問させていただきました

2023(令和5)年6月13日(火)、レタスの契約仕入れ産地である『JA利根沼田(とねぬまた)』の『営農経済総合センター』及び『久呂保集荷所』へ、当社カット野菜部次長の瀬田と、同じくカット野菜部課長の河合が、圃場視察と仕入れ商談の為に訪問させていただきました。

 

JA利根沼田は群馬県沼田市と利根郡を管轄とし、『営農経済総合センター』は標高1,828mの赤城山(あかぎやま)の麓にあります。

管内には観光名所の天然記念物『吹割の滝』があり、福島県との県境には標高約1,400m / 総面積約37,200haの『尾瀬国立公園』があります。

日本最大級の一級河川『利根川』の源流もあり、水の恵みと高原ならではの夏でも涼しい気候により、JA利根沼田のレタスはみずみずしくシャキシャキと美味しいです。

 

>>JA利根沼田のホームページはこちら<<

>>JA全農ぐんまのホームページはこちら<<

 

今回の商談の目的は、コンビニチェーンがGAP認証商品をスタートするにあたり、2年前に『JGAP認証』を取得したレタス部会にお話を聞くためです。

 

『GAP(ギャップ)』とは、直訳すると「良い農業の取り組み」です。農林水産省では農業生産工程管理と呼んでいます。

『GLOBALG.A.P.』『ASIAGAP』『JGAP』と種類があり、JA利根沼田レタス部会が取得した『JGAP』は、食品安全・労働安全・環境保全・人権福祉など持続可能な農場経営への取り組みに関し、日本の標準的な農場にとって必要十分な内容を網羅した基準となります。

>>『JGAP』について詳しくはこちら<<

この度の訪問にご対応いただきました、JA利根沼田久呂保集荷所斎藤所長、及びレタス部会の皆様、同行くださったJA全農青果センター熊田係長、JA全農ぐんま湯浅販売担当、誠にありがとうございました。

 

今後も安全・安心でおいしいJA利根沼田の野菜をお客様へ沢山お届けできるよう、当社も尽力させていただきます。